Loading...
ニュースロードバイク

Orbea(オルベア)が2017年モデルのAvantを発表。より快適なロングライド仕様へ。

© Immediate Media Company Ltd. 2016

今は亡きバスクのオレンジ軍団で有名なOrbeaが、Avantシリーズの新作を発表。

Avantシリーズは現在販売されてるけど、いろいろモデルがあって、Avantの中でも用途で使い分けがある感じ。でも立ち位置的には、かつての人気だった名作Aquaの後継っぽいんかな?数年前から販売されてるけど、Aquaよりもロングライド指向にしてあると思うわ。

で今回の新Avantもその傾向を踏襲してるんやけど、さらに快適性を高めて、ロングライド寄りにしてるっぽいな。

詳細は以下の情報源を。

情報源:Orbea tweaks the new Avant endurance bike for more comfort

情報源の記事では次の3が特徴としてあげられてる。

1:フレーム技術の進化

新Avantでは、より上位のモデルでレース向けのOrcaが採用するフレーム技術を使ってるらしい。
情報源の写真では、種類の異なるカーボンを積層させて作られてるのがわかるで。何種類かのカーボンを使うことで、いろいろ用途に応じたフレーム性能に変化を持たせられるらしいわ。AvantにはAvantの用途に応じたフレーム性能を発揮できるように設計されてるっちゅーことやな。

2:フォークとヘッドチューブ

エンデュランス系ロードとレーシング系のロードの違いってのは、通常よくあるのはヘッドチューブの長さやね。前者のほうがよりリラックスできるポジション、つまりハンドル位置高めになるように、ヘッドチューブが長くなる。
でもこれは、馬鹿でかいサイズ(180cmとか190cm以上の長身のイケメン向け)だと見た目がちょっと残念になりがち。
そこで、Orbeaは新Avantではヘッドチューブの長さを、他社のそれらよりも短めにしたらしい。そしてその分、ヘッドチューブではなく、フォークの長さを増やしたらしいわ。ほー、なるほどなー。ダウンヒル用マウンテンバイクみたいな感じ?

3:23cのタイヤが履ける

最近はプロのレースでも23cより25cが流行りみたいやし、エンデュランス系ロードは悪路も走ることあるし、さらにはタイヤ幅広いほうが快適性もあがるから、ロングライド用モデルとかではタイヤは25cから対応ってのが多いらしいんやけど、この新Avantは23cから対応して、23-28cまでのタイヤがOKらしい。
ちなみに他社の2017年モデルやと、32cまで対応とかあるようやで。

ただし、日本では販売されるかどうか、販売されるとしてどんな仕様になるかは日本の代理店次第やから、そこらへん注意やで。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

これも読め
SAMTIAS 真鍮シューホーン(携帯用靴ベラ)01
お気に入り
冬のロードバイクのインナー
JBL Pebbles
人間失格
ACTIVE WINNER U-LOCK