Loading...
感想・レビュー・インプレ

【レビュー・インプレ】ロードバイク初心者にもおすすめ。TIMEのペダルiClic(XPRESSOシリーズ)とそのクリートを数年使っての感想。

今回は使ってる機材のレビューやで。感想やな。

ワシはずっとTIMEのペダル「iClic(現状はXPRESSOシリーズ)をそのデビュー当初から愛用しとるんやけど、これがほんまにエエもんなんや。

どんな風にエエか、書いていくで。


(1)ハメるではなく、ハマる。そして楽に外せる。

まずはこれやな。この感覚。他社、特にシマノのペダルは「ハメようとしてハメる」感じやけど、iClicは勝手にハマるんや。

ペダルの位置に足を合わせ、足を乗せると「カチッ」という小気味良い音とともに自然にハマる感じ。ハメるではなく、ハマる。

ハメる意識はなく、足をのせる意識でハマる。

そして、ペダルから外すときも軽い力でこれまた軽快な音でサクッと外れる。ハメるのもハズすのも楽ちん。

ズレてハマるときもあるんやけど、ズレてハマッてもそのまま走れるし、またハメもハズしの動作両方がそもそも楽やから、再びハメ直しやすい。

これは楽でええよ。

(2)膝に優しい

iClicに限らずTIMEのペダルの伝統であり最大の特徴やろなぁ。ペダルとシューズが合体するけどシューズがペダルの上でニュルニュル動く。まぁいうても限界はあるけどな。
ニュルニュル動くから、足の動きに合わせられる。つまり足の動きにペダルが適合しようとするから、足に優しい。
逆に、動きが直線的にガチっと固定されてまうと、無理がきかなくなる・修正しにくくなる、柔軟性がなくなるってのはイメージわきやすいやろ?この場合は、ペダルの動きに足の動きが強制的に適合させられる感じ。
まぁ一般論やけど、膝が心配ならTIMEのペダルがええで。そらまぁ結局は人によるけどな。
あと、上記のようにニュルニュル動いたらすぐ外れるんとちゃうの?と思われるかもしれへんけど、外れへんよ。外そうとしなければはずれへん。他社の製品と同様や。ガンガンもがいて回しまくっても外れへんよ。ネジとかゆるんでたらしらんけど。

(3)クリートの実質的な耐久性

一番上の画像見てほしい。くっそ汚いボロボロになったクリートやけど。

画像の左右のクリートを見比べてほしい。特に先端部分。一方が欠けてるやろ?先端の三角形っぽいところの頂点がちょっと形異なるやろ?→側のほうが若干、三角形っぽさを残してる感じやろ?

このクリート先端の三角形っぽいところを、ペダルにひっかかる感じになってクリートとペダルが合体するんやけど、←側のように欠けていても、あと全体的にこんなボロボロになっていても、ペダルと合体できないということもないし、「軽く走行してる程度なら」ペダルから外れるということもないんやで。

ガチでスプリントするみたいなときは、さすがにこの状態やと外れてしまうかもしれへん。

あと、やっぱりこんな状態になれば、片足ペダリングしたときに、ペダルとシューズが外れそうになる。ペダルを引き上げる動作のとき。でもやっぱり軽く回してる程度なら意外に外れへん。外れそうで外れない。

iCicの専用クリートのカフェクリートは耐久性が他社製品に比べて劣るってのはたしかにそうやと思う。まぁスピードプレイのも弱いらしいけど。

でも、上画像のような状態になってもまぁ「ガチでブン回す」ことしない限りは、特に支障はあらへん。ちゃんとサイクリングから帰ってこられる。そういう意味では、実質的な耐久性はなかなかのもんやと思う。

「とりあえずまだ使える」という意味では、ということな。もちろんこんなボロボロになったらさっさと新品に変えたほうがええで。ワシも昨日新しいの買ったから、今日は交換作業やで。


(4)圧倒的軽さ

ロードバイクにおいては、軽さは正義よ。英語でいえばジャスティスよ。そらもう基本的にはなんでもかんでも軽いほうがええ。ペダルでもシューズでも。
たとえば、シマノのペダルと比べてみよか。

まず、シマノの最上位・最軽量のDURA ACEペダル、PD-R9100について。

・重量228g←ほーん

・定価2万3千円ぐらい←まぁデュラやしなぁ

次に、iClic(EXPRESSOシリーズ)の最下位・最重量のXPRESSO1ペダルについて。

・重量114g←ファッ!?

・価格4900円←Good!

まぁ軽さだけでペダルの性能が決まるってことはないよ。なんだかんだでやっぱりデュラエースシリーズは凄いで。それはいろんなとこで試乗してみればやっぱり実感できる。

せやけど、コストパフォーンスとかいう意味があるんかないのかよくわからんアホみたいな概念持ち出せば、XPRESSOシリーズのほうが・・・ってなってもしゃーないな、うん。しゃーない。

あぁ、ちなみにXPRESSO最上位・最軽量のXPRESSO15は、定価6万円弱で、重量は66.5g!軽すぎィ!

(5)デザインの良さ

そらもうね、最終的には見た目よ。見た目。ロードバイク初心者もまずは見た目で選ぼう!ロードバイクは見た目で選ぶのが一番大事や!性能なんてどうでもええ!どうせちゃんとしたロードバイクなら性能なんて同じや!ええか、見た目で選ぶんやぞ!
さてここでシマノの最上位デュラエースぺダルと、TIMEの最上位EXPRESSO 15ペダルを見比べてみよか。
© PODIUM Co.Ltd © 2013 SHIMANO INC.
やったぜ(なにが?)

さらに、TIMEの場合はこんなオサレパーツ(余計なものを・・・)まで用意されてるんや。

© PODIUM Co.Ltd 

これらのプレートを、ペダルの踏み面に装着しておしゃれ度UPできるんやで。もちろん走りの性能は変わらないで。

以上より、ワシはTIMEのXPRESSシリーズを推すで。まぁ合わへん人には合わへんやろうけどな。

限定 TIME XPRESSO Tour Edition タイム エクスプレッソ ペダル
限定 TIME XPRESSO Tour Edition タイム エクスプレッソ ペダル

(関連する過去記事とか、1つ前・後の記事は下のほうにあるで)

[google adsense]




[wiggle]



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

これも読め
SAMTIAS 真鍮シューホーン(携帯用靴ベラ)01
お気に入り
冬のロードバイクのインナー
JBL Pebbles
人間失格
ACTIVE WINNER U-LOCK