Loading...
ニュースレース

【サッカーの本田もくる?】2017年ジロ・デ・イタリアのコース発表。終盤の鍵となるステージを紹介。ゴールはミラノ。

↓のジロ公式動画より

来年100周年を迎えるジロ・デ・イタリア。ミラノでそのコースが発表されたで。

(1)全体像

まずは公式動画をば。


文字にすると、次のようになる。

Stage 1, Friday, May 5: Alghero – Olbia 203 km
Stage 2, Saturday, May 6: Olbia – Tortolì 208 km
Stage 3, Sunday, May 7: Tortolì – Cagliari 148 km
Rest day
Stage 4, Tuesday, May 9: Cefalù – Etna 180 km
Stage 5, Wednesday, May 10: Pedara – Messina 157 km
Stage 6, Thursday, May 11: Reggio Calabria – Terme Luigiane 207 km
Stage 7, Friday, May 12: Castrovillari – Alberobello 220 km
Stage 8, Saturday, May 13: Molfetta – Peschici 189 km
Stage 9, Sunday, May 14: Montenero di Bisaccia – Blockhaus 139 km
Rest day
Stage 10, Tuesday, May 16: Foligno – Montefalco 39 km TT
Stage 11, Wednesday, May 17: Firenze – Bagno di Romagna 161 km
Stage 12, Thursday, May 18: Forlì – Reggio Emilia 237 km
Stage 13, Friday, May 19: Reggio Emilia – Tortona 162 km
Stage 14, Saturday, May 20: Castellania – Oropa 131 km
Stage 15, Sunday, May 21: Valdengo – Bergamo 199 km
Rest day
Stage 16, Tuesday, May 23: Rovetta – Bormio 227 km (cima Coppi – Stelvio)
Stage 17, Wednesday, May 24: Tirano – Canazei 219 km
Stage 18, Thursday, May 25: Moena – Ortisei/St. Urlich 137 km
Stage 19, Friday, May 26: San Candido/Innichen – Piancavallo 191 km
Stage 20, Saturday, May 27: Pordenone – Asiago 190 km
Stage 21, Sunday, May 28: Monza – Milano 28 km TT 
(出典:Cyclingnews

走行距離総計は3572kmで、これまでのジロ史上数々の伝説を作ったジロを象徴するような難関山岳コースがいくつも含まれとる。 まさに100周年エディションといえるコース。歴史を辿る追憶のコースともいえる。

今回の記事では、ワシが思う終盤の鍵となるステージを見てみるで。

(2) 予想外の日程??特徴的な2つのTT

他の特徴とすれば2つあるTTの日程。まず1つ目が第10ステージ、そして2つ目がなんと最終日。近年よくあるパターンだったのが、最終日はまったりシャンパンムードで市街地に入り、市街地でスプリンターが派手にスプリント勝負して終了という感じ。それが来年は最終日までガチで総合勢は戦わなければならなあかん仕様になっとる。

この最終日のTTは28km。コースプロフィールは↓画像。

© 2016 COMPETITOR GROUP, INC.

めちゃくちゃ長い距離というわけでもないし、プロフィール上は平坦基調。でも勝負が最終日にもつれたらこのTTでの数秒~1分の差がめちゃくちゃ重要になるな。ゴールがミラノということで、ひょっとしたら本田も見に来るかも?へんな服装で。

そうしたら、日本のニュース番組でも低レベルでくだらないサッカーコーナーでジロが紹介される可能性も?

ちなみに、最終日スタート地点のMonzaは、クロモリで有名なブランド「Casati」の製品についてる名前だった気がする。Casatiのリネアオロはものすっごいええよ。あれはええ。試乗会でしか乗ったことないけど。でも、CinlliのNeoTigも欲しい。(´・ω・`)宝くじ・・・。

(3) 第20ステージ

そしてこの最終日TTの1つ前、第20ステージは安定の山。↓画像のように山を2つ超えるステージ。

© 2016 COMPETITOR GROUP, INC.

真ん中の山はモンテ・グラッパ。文房具好きならピン!と来る名前やな。そう、高級筆記具ブランド、モンテグラッパのことやな。八角形のフォルムしたペンが伝統的に有名。ワシはここの万年筆「ネロウーノ」「ドゥカーレ」シリーズが好きや。

このステージで勝負をかけるか、足を温存して最後のTTで勝負かけるか。このへんはこのステージまでの展開・内容でもちろん戦略は変わるやろうけど、まぁアタッカーたちにとってはこの日が最後のアピールできるステージとなるやろうな。総合勢が温存するスタンスとれば、逃げ切りあるで。

(4) まさに鬼畜。超展開になる可能性大の第18ステージ。

そして第18ステージ。2017ジロで最も厳しい展開になるかもしれない重要なステージ。

距離は137kmと短いんやけど、山、山、山、山そして山。コースプロフィールは↓画像。

© 2016 COMPETITOR GROUP, INC.

距離が短い、スタートしてちょっと走ったら山に入る。高速山岳レースになるかもしれない。上述の第20ステージも山やけど、実質ここが最終的な総合勢の勝負の分かれ目になるかもしれへんな。登りの数が多いということは、下りの数も多いということ。落車によってドラマが生まれるかもしれへん。

ま、他にもいくつか注目すべきステージがあるけど、ジロ終盤の山場となりそうなステージはこんな感じやと思う。

ええな、楽しみやわ。

[google adsense]

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

[wiggle]
45%OFF Oakley Jawbreaker(Mark Cavendish モデル)

55%OFF RS81 C24 カーボンクリンチャーセット

45%OFF Bora Ultra35 セット

47%OFF Shamal Mille セット

28%OFF 3T Aeronova LTD Stealth

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

これも読め
SAMTIAS 真鍮シューホーン(携帯用靴ベラ)01
お気に入り
冬のロードバイクのインナー
JBL Pebbles
人間失格
ACTIVE WINNER U-LOCK