Loading...
ニュースロードバイク

Cinelli(チネリ)が2017年モデルのロードバイクを発表

© 2016 Cinelli.

Cinelliがようやく2017年モデルのロードバイクを正式発表や。それにあわせて公式サイトが2017年仕様になったで。おそすぎぃ!

公式サイト:Cinelli(英語版)

なんか知らんけど、ダイナソア・・・ちゃうわ、ポディウム社が取り扱うブランドは今年動きが変だよなぁ?ポディウム社の展示会そのものもやる気みられへんし、去年までと展示会の動きが全然ちゃうやんけ。どうなっとんのや?

ポディウム取扱ブランドは、ポディウムとは関係なし(知らんけど)に、勝手に独自に展示会やってたりするし。特にCarreraは今年の動きが早かったし。とんでもないカーボンロードをぶちこんできたし。各ブランドはヤル気あっても(チネリはなさそうやけど)、日本の代理店ポディウム社自体になんかやる気みられへんのぉ。

2017年のCinelliの特徴・概要

①Very best ofが廃番になり、Strato Fasterがトップモデルへ。

より硬く、より速く、より反応性よくなったようや。確実にレース用やね。プロ用にはこれが供給されるんやろな。

②Superstarが中堅モデルとして登場。ディスク版もあり。

© 2016 Cinelli.

画像は、SuperstarのDiskブレーキ版。このディスクブレーキ版はフレーム販売のみ。日本でどうなるかは不明。

ディスクブレーキ版じゃないSuperstarは、Shimano105コンポを搭載した完成車が標準になるようや。せやからStrato Fasterに比べるとアマチュア向けやの中堅ロードバイクになるという位置づけやろな。でも、結局ロードバイクは乗り手の足次第やから、105だろうがSuperstarだろうが強い奴は強いけどな。

アマチュアのレースなんてワシには無関係の世界やから好き放題言うけど、けっきょく105のSuperstarで勝てないようなレベルじゃ、プロになっても海外では全く通用せえへんし、世界の同じアマチュア相手にすら全く通用せえへんやろな。

ちなみに公式サイトのデータみてたら、Superstarのディスク版はタイヤは28cまではけるようや。それにディスクブレーキやから、てっきりグラベルもガンガンいけるやろと思ったんやけど、実際は公式サイトの記述みてたら、グラベルロードとして使うにはあまりオススメしないっぽい。グラベルよりは、舗装路メインのエンデューロ(長距離走)用として使うのが、Cinelliのオススメみたい。

③Nemo Tigは継続。やったぜ。

今年の2016年のチネリで最も注目すべきだったバイク、Nemo Tigは来年も継続。カラバリも同じのもよう。欲しいのぉ・・・パープルか赤で欲しい・・・。iMacもほしい・・・iMac我慢すれば買えるけど・・・。ま、金ないからどっちも買えへんけど。

④ステンレスフレームXcrの新カラーがええ感じ。イアタリアっぽい。

© 2016 Cinelli.

今年まではステンレス感のある金属フレームっぽさを押しだしたシンプルカラーやったけど、来年は赤がメインになったツートンカラーっぽい。別にこれまでのが嫌いというわけじゃなくて好きやけど、来年のも好き。

Nemo Tigも欲しいけど、Xcrも欲しいわぁ。なんかしらんけど、Xcrはフレームだけでも値段高いのぉ。

 (関連する過去記事や、1つ前・1つ後の記事へのリンクは下の方にあるで)

[google adsense]

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

[Wiggle]

45%OFF Oakley Jawbreaker(Mark Cavendish モデル)

55%OFF RS81 C24 カーボンクリンチャーセット

45%OFF Bora Ultra35 セット

47%OFF Shamal Mille セット

28%OFF 3T Aeronova LTD Stealth

[Amazon]

//

<<前の記事      次の記事>>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

これも読め
SAMTIAS 真鍮シューホーン(携帯用靴ベラ)01
お気に入り
冬のロードバイクのインナー
JBL Pebbles
人間失格
ACTIVE WINNER U-LOCK