Loading...
ニュース

約84%のプロ選手が依然としてロードレースでのディスクブレーキ使用に慎重派・反対派。

10月ごろにUCIは2017年も今年と同様にロードレースでのディスクブレーキのテストを続けると発表したわけやけど、ある調査でプロトン内大多数のプロ選手がそのテストについて慎重または反対であると判明。

ま、プロとなるとなかなか保守的な人間が多いらしいからな。政治的保守とかじゃなくて、レース機材についての思考がってことな。

情報源:Pro riders wary of disc brakes according to new survey

記事によれば、国際的団体のthe Cycliste Professionnels Associes (CPA)の主導した案にしたがって、アメリカのthe Association of North American Professional Road Cyclists (ANAPRC)という組織が、その組織のメンバーであるプロ選手に、「2017年のディスクブレーキのテストについてどう思う?」とメールでの回答をお願いして、546人のプロから回答を得た。

結果は、次のようになった。

Of the respondents, 15.71 percent said they agree with the trial restart, regardless of whether the three conditions are met; 43.98 percent said they do not agree with a restart unless all conditions are met, and 40.31 percent said they didn’t agree with the UCI’s second trial period under any circumstances. In other words, more than a third of pro riders who took the survey simply don’t want discs in the peloton.

訳とすれば、

「回答者のうち15.71%が、UCIの設定した3つの条件に関係なくディスブレーキのテストに賛成。43.98%が、原則反対やけど例外的にUCIの3つの条件がちゃんと充たされればOKという条件付き賛成(慎重派)。40.31%は、『なにがあろうとも反対じゃボケ』という立場。いいかえれば、調査に回答したプロの3分の1以上(40.31%)が『絶対いやや』と言うてるわけやな」

となる。

このUCIが設定した3つの条件ってのは、

・ディスクブレーキのローターをギザギザじゃなくて丸っこく怪我しにくいな形状にする

・ブレーキをカバーで覆う

・プロトン内の全員が使う

の3つ。

さて、どうなるやら。

(関連する過去記事や、1つ前・1つ後の記事へのリンクは下の方にあるで)

[google adsense]

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

[Wiggle]

//

<<前の記事      次の記事>>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

これも読め
SAMTIAS 真鍮シューホーン(携帯用靴ベラ)01
お気に入り
冬のロードバイクのインナー
JBL Pebbles
人間失格
ACTIVE WINNER U-LOCK