Loading...
ニュースパーツ・工具類感想・レビュー・インプレ

カーボンクリンチャーホイール「Curve Cycling G4 Carbon Road Wheel」。その概要とレビュー。

© 2016 Curve Cycling . 公式サイトより

ホイールをアップグレードしたい・・・ロードバイクを進化させたい・・・

カーボンのホイールが欲しいけど、チューブラーやチューブレスはパンクしたときにめんどくさそう・・・やっぱりクリンチャーが使い勝手はNo.1!だからカーボンクリンチャーが欲しい。

そして、踏めばガンガン進む硬いホイール、しかもかっこいいいホイールが欲しい。

そんなワガママハイスペックなみなさんに朗報。

脚力のあるパワー型の変態さんにおすすめ、なおかつ、さまざまなリムハイトとハブの組み合わせを選べる良さそうなホイールがあった。
以下(1)でその概要、(2)で外人さんによるレビュー記事をご紹介するやで。

(1) Curve Cycling G4 Carbon Road Wheelの概要

① メジャーアップデートされた第4世代のカーボンクリンチャー専用ホイール

そのホイールとは、オーストラリアのCurve CyclingというブランドのG4 Carbon Road Wheel。お値段は約$2400~。

Curve Cycling公式サイト:G4 Carbon Road Wheel

Curve Cyclingというブランドは、オーストラリアのメルボルンで誕生した小さなホイールブランド。10年前ぐらいにできた。

このホイールはG4という名前がついてるけど、これはGeneration 4、という意味。つまり第4世代目ということやな。旧世代に比べると、リムがワイド化されて、さらに素材も変更され、より軽量に、より高い剛性へ進化さいてる。

ぶっちゃけこうなったら全く別のホイールに進化したといえるかもしれんな。マイナーアップデートではなく、メジャーアップデートやろ。

なおこのホイールはカーボンクリンチャー。チューブレスは不可。一方で、ディスクブレーキ対応の同シリーズも用意されとるで。

② リムハイトとハブがいろいろ選べる豊富な選択肢

さて、このホイールは下画像のようにリムハイトとハブの組み合わせがいろいろ選べる。リムハイトは25mm~70mmまで、ハブはDT SWISS、Chris King、そしてWhite Industriesから選べる。

© 2016 Curve Cycling . 公式サイトより

前後セットの重量は最軽量で1310g。これは25mmリムハイトで、ハブでDT 240S Straight Pullを選んだとき。最重量は1705g。これは70mmリムハイトで、ハブでDT 350S Straight Pullを選んだとき。

公式サイトによると、リムのスペックは、

Material: Carbon Fibre  |  Carbon Type: 3K & UD Weave. Japanese T700 – T800 Torayca
Finish: 3K + Clear Coat  |  Profile: Hooked Clincher
External Width: 25mm |  Internal: 18mm
Brake Track: 3K + Hi-Temp Resin  | Max. Spoke Tension: 120kgf
Max. Pressure: 115psi  | Max. Rider Weight: 100kg (*85kg for 25mm)Recommended Tyres: Road Tyres 23-28mm

となってる。Carbon Typeの項目に注目すると、

3K & UD Weave. Japanese T700 – T800 Torayca

ジャパニーズ!やったぜ。
ようわからんけど。


(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

(2) 外人さんによるレビュー

情報源:Curve Cycling G4 55/70mm carbon clincher review

情報源記事にはたくさん画像あるで。どんなロードバイクにも似合いそうなシンプルなデザインや。マットブラックっぽい今流行りのデザインで、ロゴはまず目立たない。

そのかわりに白い2本線がちょっとしたアクセントと、同ブランドのものであるとの主張になってる。そういう意味ではわりと個性的ともいえるかも。

このレビューを簡単にまとめちゃうと、次の①と②になる。

① 悪い点

・値段が一気に上がった

・ロングライド、ブルベなどには硬すぎてダメ

② 良い点

・パワー派のライダーに最適な、ガチのレース用機材といえる高い剛性

・リムハイトやハブについて豊富な選択肢の存在

・他のホイールとは明確に違う個性の存在

硬さゆえの個性的な走りができるホイールが欲しいならオススメやな。

Wiggle:Campagnolo Shamal Mille アルミクリンチャー前後セット

(関連する過去記事や、1つ前・1つ後の記事へのリンクは下の方にあるで)

[google adsense]

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

[Wiggle]

//

<<前の記事      次の記事>>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

これも読め
SAMTIAS 真鍮シューホーン(携帯用靴ベラ)01
お気に入り
冬のロードバイクのインナー
JBL Pebbles
人間失格
ACTIVE WINNER U-LOCK