Loading...
ニュース

【オイルマネーという神】UCIがTJ Sports(旧ランプレ・メリダ)にワールドツアーライセンスを与える方向へ。

旧ランプレ・メリダが中国企業に買収され、その結果誕生した新プロチームのTJ Sports。

新プロチームとして2017年からワールドツアー(WT)に参戦すべくUCIにライセンスの許諾を求めていたものの、提出した書類の不備で審査保留中になってて、その原因は予算の不足・脆弱やと見られていたやん?

そんなTJ Sports(以下TJS)に救いの神があらわれ、UCIの審査をクリアーできる予定らしいぞ。
情報源:New sponsor set to save TJ Sport team after problems with Chinese backers

いったいどんな神様がTJSを救いそうなのかというと、それは中東の神様、石油の神様や。アブダビツアーというレースがあるけど、そのアブダビの某企業が新しいスポンサーになる予定やということや。

なお、その企業の名前など詳細は現段階では不明。


(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

UCIへの書類提出期限は今月の15日やったけど、これでそのデッドラインにも間に合い、UCIの審査もクリアーできそうやと情報源の記事は伝えてる。

そして情報源の記事を書いたサイトの考えでは、どうやらTJSにバイクを供給するコルナゴ(Colnago)がアブダビの新スポンサー獲得に重要な役割を果たしたとのこと。

情報源によれば、TJSのチーム予算は8~900万ユーロ(約¥9億8000万~11億)で、これはWTレベルのプロチームでは最少額となる見込みで、この予算レベルやと、豪華なプレゼンテーションや充実したシーズン前のトレーニングキャンプなどの余計なコストはほとんどかける余地がなく、かなりの節約・倹約が必要なレベル。

中国マネーも中東のオイルマネーも実はたいしたことないのか?

日本企業が新スポンサーになってたら中国に恩を売れたのにな。中国がそんな恩義を感じる国かどうかはしらんけど。

[google adsense]

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

[Wiggle]

//

<<前の記事      次の記事>>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

これも読め
SAMTIAS 真鍮シューホーン(携帯用靴ベラ)01
お気に入り
冬のロードバイクのインナー
JBL Pebbles
人間失格
ACTIVE WINNER U-LOCK