Loading...
ニュース

ウイギンス引退確定。本人がInstagramで引退を名言。

Wiggins本人のInstagramから

Instagramで、ブラッドリー・ウイギンス本人が2016年度をもってプロのレース界から引退することを表明したで。


これが本人のInstagramでの投稿。

I have been lucky enough to live a dream and fulfil my childhood aspiration of making a living and a career out of the sport I fell in love with at the age of 12. I’ve met my idols and ridden with and alongside the best for 20 years. I have worked with the world’s best coaches and managers who I will always be grateful to for their support. What will stick with me forever is the support and love from the public though thick and thin, all as a result of riding a pushbike for a living. 2012 blew my mind and was a gas. Cycling has given me everything and I couldn’t have done it without the support of my wonderful wife Cath and our amazing kids. 2016 is the end of the road for this chapter, onwards and upwards, “feet on the ground, head in the clouds” kids from Kilburn don’t win Olympic Golds and Tour de Frances’! They do now.
Sir Wiggoさん(@bradwiggins)が投稿した写真 – 2016 12月 28 6:45午前 PST

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

和訳したらこんなかんじ。

 「めっちゃ幸運にも、夢のような日々を過ごせたし、12歳のときに自転車競技に恋に落ちたわけやけど、スポーツでプロとなること、そしてそれを生涯の仕事にするという子供時代の夢を実現できたわ。

自分の憧れの選手にも会え、一緒に走れたし、20年間最高の環境だったわ。世界最高のコーチやマネージャーがいてくれ、彼らのサポートにはこれからもずっと感謝をし続けるで。みんなに支持されたことは永遠に忘れへんで、その支持がどんなものであろうとな。みんなの支持のおかげで、プロとして自転車に乗り続けられたんやで。

(ツールを制覇した)2012年はマジで信じられへんような年やったし、最高の年やった。自転車はワシに全てを与えてくれたし、ワシは素晴らしい妻と最愛の子供たちのサポートがなければそれを成し遂げられてへんかったやろうな。

2016年はこういった幸運に恵まれ素晴らしい結果を出し続けることができたワシのプロレーサーとしての章の終わりや。地に足をつけながらもどっか夢見がちだったキルバーン出身(ウイギンスの故郷)の子供ではオリンピックもツールも勝てないと言われたけど、ちゃんと勝てたやん?」

ま、おつかれさん。

(関連する過去記事や、1つ前・1つ後の記事へのリンクは下の方にあるで)

[google adsense]

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

[Wiggle]

//

<<前の記事      次の記事>>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

これも読め
SAMTIAS 真鍮シューホーン(携帯用靴ベラ)01
お気に入り
冬のロードバイクのインナー
JBL Pebbles
人間失格
ACTIVE WINNER U-LOCK