Loading...
ニュースロードバイク

プロが乗るロードバイクのTOP5。

プロがレースで使っている各メーカーのさまざまなロードバイク。

そんなプロ用ロードバイクのTOP5を選んだ記事があったのでご紹介するやで。

情報源:Top 5 pro road bikes of 2017


今回の記事は、動画で紹介されとるから動画をどうぞ。英語やけど、バイクの名前だけわかれば十分やからヘーキヘーキ。

さて、今回は動画に登場した2つのロードバイクに注目してみるで。1つ目はFactor、そして2つ目はColnagoのロードバイクや。

(1) Factorのロードバイク

まず最初のバイクは、フランスのプロチーム、Ag2rが使ってるFactorというブランドのものやね。

Ag2rは、去年まではFocusやったけど今年からはFactorなんやね。Focusは日本でもそこそこ知名度あるやろうけど、Factorはまだなじみ薄いと思う。

ちなみに、日本での代理店は、ホイールのCORIMAや超コンパクトポンプのAirbone、最強スポークのSAPIMなどを扱うTRI SPORTS。

参考リンク:Factor公式サイト(海外)

参考リンク:Factor日本代理店TRI SPORTS

Ag2rがツール・ド・フランスに出るから、Factorも念願のツールデビューということになるな。せやから今年は、Factorは宣伝・広報にだいぶ力いれるんとちゃう?やっぱりツールは世界の注目度ハンパないからな。

FactorはF1のマクラーレンや、ジェームズボンドのアストンマーチンなどと空力研究してたらしいから、なかなか技術力はあるんちゃうかな。ちなみに、Cyclistにレビュー記事があったから読んどいて。

参考リンク:「FACTOR ONE-S」 割れたダウンチューブが個性的、新興ブランドの軽量エアロロード

このレビューされたロード、ダウンチューブが2つに分裂しとるんやな。ダウンチューブが2つあるわけやなくて、途中で真っ二つになっとる。おもしれー。
人とかぶらないバイクやと思うし、メジャーブランドが嫌な人はさっさと注文や。

Ag2rはその過激思想(?)のダウンチューブをもった「01」ではなく、伝統的ダウンチューブモデルの「02」を使ってる。なお、ホイールはMavic’s Cosmic Carbon Ultimate。


(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

(2)Colnago C60

Conago C60は、中国企業が絡んだゴタゴタで有名になったUAE アブダビが使うロードバイク。

なんでいまさらColnagoかというと、やっぱりモノコックカーボンじゃなくて、ラグ構造のカーボンフレームという少数派のロードバイクやから。ちょっと前は、BMCも出してたな。名前忘れたけど。あれどうなったんやろ。え?黒歴史? どうでもええけど、BMCって登場し始めた頃のグラフィックのほうが絶対かっこよかったわ。

Colnago史上最速のロードバイクならば、やはり2017年モデルの新作エアロロードConcept。

でも、やっぱりラグ構造という、いわば古い構造を持った少数派に惹かれる。某所のレビューでも、Conceptは「最速」、C60は「最高」という感じになってた。C60は乗り手との一体感が強く、人間的な味付けがあるという感じやろね。まぁスプリンターはConceptのほうがエエやろうけど。

Colnagoのカーボンフレームの製造現場を紹介してる動画あったから、ご紹介。

わりとアナログというか、なんかイメージと違うな。カーボンというからもっとこう科学的というか、製造ロボットがガチャンガチャンと動いてるようなイメージやったけど、わりとこう職人的というか、ぶっちゃけこじんまりとしてるな。

なお、次の記事でもColnagoの新作発表について書くで。
(関連する過去記事とか、1つ前・後の記事は下のほうにあるで)

[google adsense]




[wiggle]



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

これも読め
SAMTIAS 真鍮シューホーン(携帯用靴ベラ)01
お気に入り
冬のロードバイクのインナー
JBL Pebbles
人間失格
ACTIVE WINNER U-LOCK