Loading...
セール情報ロードバイク

マーク・レンショーのCerveloS5をネットリと見てみよう。

Mark Renshaw公式Twitterより

今回は、プロチームDimension Dataでカヴェンディッシュの発射台を勤めるマーク・レンショーのCervelo S5を詳しく紹介してる記事のご紹介。

マーク・レンショーがツアー・ダウンアンダー(TDU)で乗ってたバイクや。

まずは、Cervelo S5シリーズ公式動画。

情報源:TDU 2017 Tech: Mark Renshaw’s Dimension Data Cervelo S5

上の情報源記事では各部のアップ画像も豊富にあるから、興味ある人は見とくとええで。

画像をパっとみた感じ、伝統的ロードバイクフレームよりもシートチューブがけっこう立ち気味な感じ、つまりTTバイクに近いように感じたけど、調べてみたらCervelo S5のシートチューブ角は全サイズ73度やから、別に普通やね。UCIルールのこともあるし、そらそうか。シートチューブやシートポストとかのデザインによる錯覚やろな。

バーテープはLizard Skins DSPのカモフラ柄なんやね。イカスわ。スプリントで激闘する「部隊」って感じで好き。

マーク・レンショーはホイールに、 ENVE SES 7.8カーボンディープホイールを選択してた。フロントは71mmディープ。リアは80mmディープ。でもチームメイトの多くは、45mmディープのホイールを選んでたようや。最終発射台のレンショーとしてはやっぱり超高速域での性能重視ということなんかね。

意外だったのはチェーンはKMCの金色チェーンなんやね。別にKMCがアカンというわけやないけど。ミッシングリンクは定評ある定番の品やし。ただ、コンポは電動Duraやのに、チェーンはシマノじゃないんやね。もしかしたら、それが原因でカヴェンディッシュは、ドバイツアーのスプリントの場面で変速トラブル起こした可能性も考えられるな。可能性やけど。

(関連する過去記事とか、1つ前・後の記事は下のほうにあるで)

[google adsense]




[wiggle]



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

これも読め
SAMTIAS 真鍮シューホーン(携帯用靴ベラ)01
お気に入り
冬のロードバイクのインナー
JBL Pebbles
人間失格
ACTIVE WINNER U-LOCK