Loading...
その他ロードバイク

たった3つの注意点。初めてロードバイクを買う場合に大切な注意点。試乗するときに店員に質問すべきこと。

初めてロードバイクを試乗するときの注意点

今回は春に向けてこれからクロスバイクやロードバイクを始めたいという初心者に向けての記事や。

特にこの記事では、クロスバイクやロードバイクを初めて買おうとお店に行って、「試乗」するときの注意点を3つだけ説明するで。

すでにロードバイクとか乗ってる経験者は納得できる3点やろうけど、あんまり言及されてないことについて書くで。

買った後で後悔せーへんためにもちょっと読んでみてな。

クロスバイクやロードバイクを買う場合は、全くの初心者であっても以下の点についていろいろ考慮すべき点がある。

・自転車のサイズがどうこう

・フレーム素材がアルミかクロモリかカーボンか、はたまたステンレスかチタンか木材か

・街乗りするだけならクロスバイクで十分だとか、自転車の使用目的はどうこう

・そもそもクロスバイクとロードバイクの違いはどうこう

・ネットで買うか、お店で買うか。店選びのポイントはどうこう

これらのほかにも買わなければならない必須のパーツやウェアがどうこうなど、いろいろ説明受けたり、ネットでも初心者向けにいろいろ記事になってる。

まぁこれらの点については他のサイトやお店で情報をゲットしといてな。今回のワシの記事は、これらとはちょっと異なる、あんまり言われてないことについて書くで。

それは、試乗するときの注意点や。


(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

クロスバイクやロードバイクを試乗するときは、次の3点に注意して説明を受けなはれ

多くのショップには、試乗車ってのが置いてある。ロードバイクなどが初めてのお客さんに試乗してもらうバイクや。あんまり高いバイクを試乗用にしてるお店は少ないと思うけど。店員さんも「試乗してみて、どうぞ」と積極的に薦めてくる。

で、試乗してみて、「お~これがロードバイクかー」とかまぁいろいろ感じることはあるやろうけど、試乗した後にいくつか店員さんに質問すべき3つの事柄を書くで。

これら3つを意識してないと、「実際自分のロードバイク買ったけど、なんか試乗のときと感じが違う・・・」となるかもしれへんで。

①試乗車と同じ自転車は手に入らない

まずはこれ。試乗車と全く同じパーツを使って、全く同じ条件のバイクは買えへん。当たり前やけど。みんなが買うのは新品。でも試乗車はいわば中古車や。たとえ試乗車と同じバイクを買ったとしても、新品と中古ではやっぱり違う。

せやから、試乗車で感じたことが、購入した新品のバイクでも感じられるとはかぎらへんということや。

ましてや試乗車と違うメーカー、違う品種のバイクならなおさらやで。

せやから、初めてのロードバイクなどを買うときの試乗ってのはあくまで、ロードバイクやクロスバイクの雰囲気をつかむためのものやと思うべきや。

もちろん試乗車よりも、新品で購入したおまいらのバイクのほうがずっとええ感じということもある。

というわけで、店員さんに試乗車と、これからおまいらが買おうとするバイクの違いを質問して、試乗車の感覚がめっちゃ気に入ったなら、それに近い自転車を選んだり、パーツを選んだりすることが必要になる。

試乗車についてその試乗車の特徴やパーツ構成などを店員さんに質問するとええで。そうすると店員さんも客の好みとかちょっとは推測できるしな。バイク選びが捗る可能性が出てくる。

ハンドルの形状、サドルの形状、バーテープの感触とか実際に身体・肌に触れるところはやっぱり個人でだいぶ好みがけっこう分かれるしな。試乗車のハンドルが気に入ったからといって、新品のロードバイクに同じのがついてくることはまず無い。廃盤になってたりするしな。

買おうとするバイクの情報だけでなく、試乗車についてもちゃんといろいろ説明受けたほうがええでということや。

②試乗車のホイールはどんなものがついているのか?

初めてのロードバイクやのにホイールのことなんてわかるかいな!

と思うかもしれへんけど、実はロードバイクやクロスバイクってのはホイールによってかなり乗り心地、走り心地、速度感覚が違うんや。

まぁだいたいのイメージやけど、

・かなり安いやつは、重い。頑丈。あまり速くない。でも乗り心地いい。

・普通の値段は、そこそこ軽い、そこそこ頑丈。そこそこ速い。乗り心地は硬めが多い。

・高いやつは、めっちゃ軽い、衝撃にもろい、速い、乗り心地もいい。

みたいな感じ。まぁあくまでかなり乱暴なイメージやけどな。

で、初心者向けの試乗車なら、乗り心地が良くて安いホイールがついてることが多いんや。乗り心地悪いと印象悪いから売れへんし。

でも実際に購入するバイクには、実は乗り心地は試乗車より悪いけど、性能は試乗車より良いのがついてくるかもしれへんやん?

その場合、試乗で味わった乗り心地が得られないという期待ハズレになることがある。

せやから、別に詳細な説明は受ける必要ないけど、「試乗車のホイールと今度買うやつのホイールはどう違うん?」とか、だいたいのイメージの違いだけでも教えてもらうほうがええで。「こっちのほうが乗り心地悪い?」とか。


(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

③試乗車のタイヤの空気圧はどうなのか?

実は試乗するときに一番大事なのはこの点なんや。

なんでかというと、上でホイールは乗り心地にかなり関係すると書いたけど、実はホイールよりもタイヤの空気圧のほうが、圧倒的に乗り心地を左右する。

そら空気があまり入ってないのうがボヨンボヨンして衝撃吸収力が高いやん? 

で、初心者は乗り心地良いほうが気持ちよく感じるから、試乗車の空気圧を低めにしてたりするんよ。 

でも実際は、ロードバイクやクロスバイクってのは、タイヤにガンガン空気いれて、タイヤをパツンパツンにして走るものなんや。そうしないとパンクしやすくなるんや。硬くしたほうがパンクしにくいんや。 

空気圧の低い試乗車は、そういった現実との乖離があるんや。

もちろん自転車屋はそんなことわかったうえでそうしてる。

全部の自転車屋がそうしてるわけやないで。そういうところもあるってことや。それは販売法の方針や初心者を相手にするときの思想が違うってことや。

だから試乗車では乗り心地めっちゃよかったのに、購入したバイクは「えぇ・・・(困惑」みたいになることもあるで。 

せやから、買った後の現実とのギャップを気にするならば、試乗車のタイヤの空気圧について気をつけたり、店員さんに質問したりするとええで。「実際もこのぐらいの空気圧なん?」とか。

というわけで、見落としがちな3点について書いたで。予算とかいろいろ制約あるやろうけど、おまいらだけの一台に出会えるとええな。

変態とおかしな人間が多い業界やけど、やっぱり乗ってみたらオモロイで。豚といっしょに楽しもうや。

関連記事:【2018年度版】入門・初心者に初めてのロードバイクとしておすすめの6台と選び方。
(関連する過去記事とか、1つ前・後の記事は下のほうにあるで)

[google adsense]




[wiggle]



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

これも読め
SAMTIAS 真鍮シューホーン(携帯用靴ベラ)01
お気に入り
冬のロードバイクのインナー
JBL Pebbles
人間失格
ACTIVE WINNER U-LOCK