Loading...
MTBニュースパーツ・工具類

Shimanoが新製品発表。DeoreM6000などMTB系コンポをアップグレード。

下記Shimano公式サイトより

シマノが、デオーレ(Deore)などミドルグレードとエントリーグレードのコンポをアップグレード。ついに製品番号は3ケタから4ケタへ!

シマノ公式:NEW XT, SLX AND DEORE COMPONENTS EXPAND OFF-ROAD POSSIBILITIES(英語)

シマノは基本的に4年ごとにコンポをアップグレードするわけやけど、今回はMTB系のコンポのアップグレードや。そして今回は、ミドルグレードのデオーレから、エントリーレベルのアルタス(Altus)までの製品群についてのアップグレードや。

全部の製品について細かく説明するのはダルいし、そのうち日本語の公式サイトも更新される(この記事書いてる時点ではまだ更新なし)やろうから、それはシマノさんにまかせる。

この記事では今回のアップグレードの概要だけ簡単に書くで。


(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

今回のアップグレードの概要


①製品番号が4ケタへ

デオーレ(Deore)についてはこれまでM600系だったシリーズ名がついにM6000系と4ケタに進化した。同様に他の製品群についても4ケタの数字へ進化。AlivioならM4000系、AceraならM3000系、AltusならM2000系へ進化や。

②どれもマイナーチェンジにとどまる

今回はどの製品もマイナーチェンジや。

というのも最上位機種のメジャーチェンジがまだ当分先やから。中位~入門レベルの製品がそれらに追い付くわけにはいかんからな。よって、デオーレも10速のまま。

ただしいくつかの点で、最上位モデルと同じような特徴を持たせたマイナーチェンジとなってる。したがって、外観にしろ性能にしろ、ちょっと進化してる。

③M6000系となったデオーレについて

マイナーアップグレードされた今回のM6000系デオーレは、上述のように10速のまま。ただし、いくつかの点で新しい。特に特徴的なのは、クランクアームをフロントチェーンリングに固定するボルトの配置。

4つのボルトで固定するわけやけど、この4つの間隔は均等になってなくて、非対称といえばええんかな、不均等な配列になっとる。剛性UPとかなんかそんな目的なんやろな。

この不均等4ボルト設計は、フロントダブル(38/28T、36/26T、34/24T) 、そしてトリプル (40/30/22T)でも同様。

また、フロントダブルのデオーレについては、リアエンドの拡大に対応するため、クランクのスパイダーを3mm外側へ拡大(Boost)可能。

そして、対応スプロケも10速の11-42を新たに用意。

さらにリアディレイラーは Shadow+対応へ。

まぁその他の点でもちょこちょこ変更がある。あとは日本公式のカタログ待ちやな。

今回の変更はMTBだけに影響あるんじゃなくて、最近流行のグラベルロードにも影響があるやろな。まぁマイナーチェンジやから言うても知れてるけど。

おまけ

おまけ。

①ガソリンスタンドと聖闘士星矢

どうでもええことやけど、コスモとキグナス石油が提携したニュースを見て、聖闘士星矢を思い出したわ。オーロラエクスキューション!え?ダイアモンドダスト派?

ちなみに、ワシ豚は射手座や。主人公感のあるやろ?
かに座の人はドンマイケル。

でも人生では主人公になれたこと一度もない。おかしーのぉ。


② F1サーキットで遊ぶゴリラ

楽しそう(こなみかん)
(関連する過去記事とか、1つ前・後の記事は下のほうにあるで)

[google adsense]




[wiggle]



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

これも読め
SAMTIAS 真鍮シューホーン(携帯用靴ベラ)01
お気に入り
冬のロードバイクのインナー
JBL Pebbles
人間失格
ACTIVE WINNER U-LOCK