Loading...
ニュースロードバイク

ロードバイク泥棒も春のクラシックシーズン開幕!

ロードレースは本格的に春のクラシックシーズンに突入。春のクラシックといえば石畳。プロ選手たちも勝利をぜひ狙いたい有名レースが続く。

一方で、プロ選手だけでなく、ロードバイク泥棒も勝利に向けて戦意旺盛。トレーニングに余念がないもよう。

情報源:Belgium’s bike thieves in training for cobbled classics season


(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

春のクラシックや石畳レースは、ベルギーやその周辺が主要な場所となる。もちろんベルギー人は、ロードレース大好き民。

ベルギー国内では、老いも若きも、クラシックレースに触発されて、そして春というエエ感じの季節ということもあって、春はロードバイクの売上が伸びる。つまり、自転車屋さんは大忙し。

そんな忙しい自転車屋さんは、どうしても防犯が弱くなる。接客や事務作業が増えるから、店内の監視が緩くなりがち。

また、泥棒自身が新しいロードバイクが欲しいという需要も増える。泥棒組織の中で、泥棒たち自身の需要が増える時期でもある。

ちなみに、去年は自転車屋に対する強盗が、39%増えたらしい。そしてその傾向は今年も続くと思われとるようや。

海外では、個人が路上に止めてるバイクだけでなく、バイクショップそのものを対象に店内のバイクをごっそりと奪っていくというのも多い。日本ではまずない光景やろなぁ。

もちろん時々ニュースになるように、プロチームのバスから、あるいはプロチームの倉庫からバイクを盗みだすこともやりよる。

あちらの泥棒はかなり組織だって動いてて、昼間は店内の構造の把握、監視カメラの位置、逃走ルートの確認・確保などなどを行っておいて、夜間に襲撃というパターン。

なお情報源記事によれば、ベルギーの自転車泥棒に人気のブランドの四天王は、スペシャライズド、クオータ、ピナレロ、エデイ・メルクスのもよう。

エディ・メルクスが入ってるあたり、ベルギーって感じ。

ベルギーだけの話やなくて、おまえらも気をつけや。

(関連する過去記事とか、1つ前・後の記事は下のほうにあるで)

[google adsense]




[wiggle]



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

これも読め
SAMTIAS 真鍮シューホーン(携帯用靴ベラ)01
お気に入り
冬のロードバイクのインナー
JBL Pebbles
人間失格
ACTIVE WINNER U-LOCK