Loading...
ダイエット・食事・トレーニング

歯にとって補給食やスポーツドリンクは安全なのか?歯のエナメルが溶ける危険性などデメリットは?

ロードバイクの補給食の歯への安全性

WBC日本がキューバに勝利!やったぜ。

さて、ロードバイクやマラソンなど、長時間一定強度で運動し続ける場合には補給が非常に重要。これは常識でありその通り。

しかし、

「その補給のためのドリンクや栄養ジェル・固形バーなどが歯に悪影響を及ぼすんとちゃうか?」

そんなこと考えたことないやろか?

今回ご紹介する記事はスポーツドリンクや補給食が歯にダメージについて検証した記事のご紹介や。

情報源:How do sports drinks and gels affect your teeth?

ほな、内容を簡単に紹介していくで。

(1) その補給食やスポーツドリンクが及ぼす歯への悪影響

情報源記事では、歯が受けるダメージによる悪影響が2つ紹介されとる。

①酸蝕症

まぁ漢字の通りなんやけど、Wikipediaによれば、

歯の硬組織、特にエナメル質が種々の要因によって侵蝕されること。侵蝕症とも。(Wikipedia 酸蝕症

ということらしい。


②う蝕

なんか耳慣れへん言葉やけど、Wikipediaによれば、

う蝕(齲蝕・うしょく)とは、口腔内の細菌が糖質から作った酸によって、歯質が脱灰されて起こる、歯の実質欠損のことである。歯周病と並び、歯科の二大疾患の一つである。う蝕された歯は、う歯(一般的には虫歯)と呼ぶ。う蝕が進行して歯に穴ができていることが目に見えてわかる状態になった場合、その穴をう窩と呼ぶ。(Wikipedia う蝕

というものらしい。

次の項(2)では、なんでこんな症状が起こるのかという理由を書くで。


(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

(2) なぜ補給食やスポーツドリンクが歯に悪いのか?

上記のような歯のダメージを引き起こす原因である物質のうち、主なものは次の2つや。

すなわち、

・酸

・糖分

の2つや。

逆にいえば、これらが非常に少ない、あるいは皆無ならば、歯にとってのダメージはほぼ無いやろなぁとなるわけや。

酸や糖分を含んでない補給食・スポーツドリンクなんて普通ないやろ・・・(絶望)

(3) そもそもスポーツ時は歯のリスクが増大

①唾液の機能

唾液ってのは、

・酸を中和

・消毒

という2つの作用・機能をもっとる。

②スポーツしているときの口内

困ったことに運動をしている時は、してない時よりもそもそも歯のリスクが増えるんや。それは口内環境が悪化している状態になるからなんや。

どういうことかというと、要するに口呼吸と鼻呼吸の違いやな。

たとえば、花粉症とか風邪とかで鼻がつまってるときに寝るとするやん?そして朝起きる。口の中が乾いてるうえに、ネバネバ感がすごいやろ?

それは唾液による口内消毒がうまくできてないってことやからな。それは口内の雑菌の繁殖が増大するってことよ。

もちろん普段でも朝起きたら歯磨かなアカンけど、そういう日ほどちゃんと歯磨くことが大事やな。

で、スポーツしてるときは酸素の吸入量を増やしたいから、自然に口呼吸になるやん?

そうや、同じことやで。

スポーツ時には、口が乾燥してしまうし、あるいは、唾液の分泌量がそもそも減るんや。その結果、唾液が持つ上述の有益な作用・機能が減少してしまうんや。

せやから、スポーツしている時ってのは、口内で雑菌繁殖のリスクが増える状態にあるわけや。

すなわち、

・補給食やスポーツドリンクに含まれる酸を唾液で中和できなくなくなる

・それら飲食物に含まれる糖分は雑菌の大好物でもあるのに、雑菌を消毒できる抗菌作用が弱くなり、雑菌の繁殖リスクの増大

ということになるんや。


(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

(4) 留意点

留意点は次の3点やと情報源は言う。


①補給後、口内を水ですすいだらええだけやろ?

はい、ギルティ。これはほとんど意味なし。補給した時点ですでにドリンクや補給食が歯にダメージを与えてしまっているからや。後から水のんで口内をすすいでも、時すでにお寿司。

②はやめに歯磨いたらええだけやろ?

これもギルティ。

ドリンクや補給食の酸によって歯のエナメルがすでに柔らかくなっとるから、そんな状態で歯磨いてみ?

そうや、余計にエナメル質を削ることになるんや。すでに柔らかくなって削れやすい状態になっとるからな。

せやから、できるだけ、そうやな最低1時間以上は間を置いてから磨いたほうがええ。

③ちょくちょく補給したほうがええんやろ?

ギルティ!

グランフォンドやブルベなどめっちゃ長時間運動し続ける場合とか、アホみたいにしんどいトレーニングする場合とかじゃなければ、補給しまくるのはやめとけ。

普段は補給の回数減らしとけ。ただの水とかやったら問題ないけどな。

酸や糖分を含む補給は回数減らせ。そのほうが歯にとってはええ。飲むならただの水にしとけ。普段の趣味で乗る程度のロードバイクならそれで十分や。

がっつり補給せなアカンのは、上述のような場合だけにしとけ。

ガチのトレーニングしないくせに、スポーツドリンクやスポーツ用のジェル・バーなどを補給しまくるのは意味ないで。まぁそれらに金つかって、業界を潤すという点では意味あるけど。

(5)対策

以上より対策としては、補給食の価値ってのは誰もが認めるとこやから、摂取頻度をおさえることが重要や。補給食のメリットとデメリットを総合衡量して、うまいこと妥協させような。ま、多少はね?

上にも書いたけど、そないハードなライドにならへん日は、水だけにするとかな。

さて今回の記事については健康に関することやからな、あの騒動になった例のWELQ事件のこともふまえて、この記事読むだけとかネットで調べる(笑)だけじゃなく、いきつけの歯医者さんにも相談してみるべきやろな。

特に子供や年寄りは。

(関連する過去記事とか、1つ前・後の記事は下のほうにあるで)

[google adsense]




[wiggle]



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

これも読め
SAMTIAS 真鍮シューホーン(携帯用靴ベラ)01
お気に入り
冬のロードバイクのインナー
JBL Pebbles
人間失格
ACTIVE WINNER U-LOCK