Loading...
ウェア・シューズ・バッグ・グッズ類

街でも使えるシンプルデザインでおすすめの自転車用バックパック(リュック)。Timbuk2の2017年春夏の新作がいい感じ。

下記Timbuk2の公式動画より

もうずっと前から、ロードバイク乗り・スポーツ系自転車乗りの紳士淑女たちには大人気のバッグメーカー、Timbuk2(ティンバックツゥ)。

日本での知名度をあげたのはやはり名作のメッセンジャーバッグシリーズ。

というわけでTimbu2の2017年春夏モデルの宣伝記事や。別に誰に頼まれたわけでも、口利きがあったわけやないで。


ワシは、山登りやハイキングするならともかく、街用・日常用ではあんまりゴチャゴチャ余計なベルトとか紐とか、なんかアイテムをひっかけるためのポケットみたいなのがついてるの好きちゃうねん。 

たとえば、よくあるやん?リュックサックの横にペットボトル入れのネットがついてるやつとか。

もちろんハイキング用ならそれ買うで。でも、街用ではそんなんいらんやん。街用・普段使い用でそれついてるとどうも受け付けへん。

というわけで、シンプルな見た目のを選んでご紹介やで。と、その前にTimbuk2のブランド紹介をいちおうしとこか。

(1)Timbuk2とは?

日本の公式サイトからそのままパクるけど、こう書いてある。

1989年、サンフランシスコ。
バイクメッセンジャーだったロブ・ハニーカットは、
タフなミシンと格闘しながら、ティンバック2の最初の
メッセンジャーバッグを作り出しました。
 

その後の25年以上もの間、創設者の意志を受け継いだ私達は、
都会を闊歩し渉猟するアーバン・アドベンチャーのための道具を造り続けています。
 

それら全てに共通する私達の「哲学」、それはいつ何時でもそばにいてくれる、
とてつもなくタフなバッグを生み出すことです。
 

なぜなら私達ティンバック2にとって、人生というものはある種の
「冒険」のようなものと考えているからです。
 

いつも何かを追い求め、時に思わぬ偶然に出会い興奮する、スリルな冒険です。
ティンバック2はそのタフな旅での信頼できる相棒として、
その時必要なものを全て積み込んで、いつもあなたの側にいます。
 

それはあなたの自由の証であり、また人生において欠かすことのできない、
それでいて簡単に失われることもない、あなたの大切な道具の一つでもあります。
 

信頼。それはティンバック2にこそ当てはまる言葉です。

 そうなんだ!すごーい!

まぁ知らんかった人も、わりとどっかでこのブランドのメッセンジャーバッグを見たことある人多いと思うけど。使ってる人多いし。せやから定番の安心ブランドということや。


(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});



(2)Timub2 2017年春夏の新作から、豚の独断と偏見で選んだおすすめバックパック(リュック)

①Armory Pack アーマリーパック

まずはこれ。Armory Pack アーマリーパックというやつ。

© 2017 Timbuk2 Co.,Ltd.

Timbuk2公式:Armory Pack アーマリーパック

これはちょっとアウトドア寄りの仕様になってる。デザインも含めて。バッグの横にペットボトルいれられるネットがついてる。上述のようにワシはその点については好みちゃうけど、それは横においておいて、全体的なデザインはシンプル寄りでええと思うよ。

ちゃんとノートパソコンを収納できるパッドが内部に付属してる。


②Robin Pack ロビンパック&Bruce Pack ブルースパック

次はこれ。Robin Pack ロビンパックというやつ。

© 2017 Timbuk2 Co.,Ltd.

どう?なかなかシンプルでええやろ?

Timbuk2公式:Robin Pack ロビンパック

ロールトップ方式のバッグで、防水性能も高いバッグのようや。ノートパソコンいられる収納スペースもちゃんと内部に完備。

このかばんにはデザインがほぼ同じでサイズを大きくして、おまけに防水性能ものがある。それが、このBruce Pack ブルースパック。

© 2017 Timbuk2 Co.,Ltd.

Timbuk2公式:Bruce Pack ブルースパック

ちょっとRobin Pack ロビンパックとは細部のデザインが異なるけど、大まかな雰囲気は同じやろ?でかいのが欲しければBruce Pack ブルースパックを買うとええ。


③Tuck Pack タックパック

デザインがクラシック寄りのバッグ。

© 2017 Timbuk2 Co.,Ltd.

Timbuk2公式:Tuck Pack タックパック

画像はオレンジ色のやつやけど、画像内にいろいろカラーバリエーションがあるやろ?定番の黒・ネイビーといったものもある。わしはネイビーがええな。

お値段も12420円と、比較的お手頃。比較的な。

防水性能は上②のバッグと比べると弱いようやけど、素材は900D Polyester HDと書いてある。よーわからんけど、ポリエステルやから、強度も高いし、水はちゃんとそれなりに弾いてくれるやろ。

それにロールトップ式やから、鞄上部から雨水が浸入することはほぼないんとちゃうかな?

容量は20リットル。20リットルというこの容量は、一般的な体格の成人した日本人(男も女も)に合うサイズやとワシは考える。身長180cm以上かつ体重75kgといった外人さん並みの肉体あれば、もうちょっとでかいカバンでも似合うんやけどな。

④ナウなヤング用バッグ2種。

ナウなヤングに向けて、ちょっと番外編的なバッグを2つ紹介。

1つ目はバックパックじゃなくて、伝統的メッセンジャーバッグのClassic Messenger Print クラシックメッセンジャープリント。

© 2017 Timbuk2 Co.,Ltd.

Timbuk2公式:Classic Messenger Print クラシックメッセンジャープリント

このシリーズはカラーバリエーションによって、柄のデザインがそれぞれ異なる。カーキ色(?)のやつがなかなか派手でおもしろい。めっちゃ個性的やと思うで。

そして2つ目として、Timbu2の新作の1つでアーティストとコラボした特別デザインのバッグもでる。そのPVがこちら。

 

(3)どれが一番いい?

容量、クラシック系のデザイン、値段という3要素を総合的に考慮したら、このTuck Pack タックパックがNo.1!

でも、デザインでいえば一番好きなのは②のRobin Pack ロビンパックや。

なお、ワシが愛用してるのはRaphaのバックパック(Rapha Backpack)やで。

過去記事:【豚レビュー】Rapha Backpackの長文レビュー。ロードバイクだけでなく、普段の外出に使い勝手の良いサイズと容量。


(関連する過去記事とか、1つ前・後の記事は下のほうにあるで)

[google adsense]




[wiggle]



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

これも読め
SAMTIAS 真鍮シューホーン(携帯用靴ベラ)01
お気に入り
冬のロードバイクのインナー
JBL Pebbles
人間失格
ACTIVE WINNER U-LOCK