Loading...
ニュースロードバイク

メリダが新型Reactoを準備中。数週間後には新城幸也も乗るかも。

バーレーン・メリダ公式Twitterより

プロチームのバーレーン・メリダに機材提供しているメリダ(Merida)には、エアロロードバイクのRreactoシリーズがあるんやけど、メリダは、同チーム所属の新城幸也も乗るであろう新型Reactoを投入予定や。


情報源:New Merida Reacto on the way

新しく投入される予定のバイクは以下の4つ。

・ Reacto 3 CF2 Rim
・ Reacto 3 CF2 Disc
・ Reacto 3 CF4 Rim
・ Reacto 3 CF4 Disc

注目点は、2つ。

1つ目はディスクブレーキ仕様があること。2つ目は、「2」と「4」があること。

1つ目についてはいまさらどうこういう必要はないやろ。どこのメーカーも力いれてるし。

2つ目については、「CF」というのは「カーボンファイバー(Carbon Fiber)」の略。つまり、カーボンの質で2と4のバージョンの区別があるということやな。

わかりやすくいえば、4は2のより上位機種。4のほうがフレーム重量が軽い。というのも、メリダのSculturaというバイクがあるんやけど、それもCF2とCF4があるんや。で、そのCF4のほうが軽くなっている。せやから、Reactoについてもそうなるやろということや。

ちなみに、情報源サイトでは以前Reactoのレビューをしてたけど、それによれば、Reactoはエアロロードとしての完成度がめっちゃ高いし、しかもなによりも快適との評価や。エアロロードって乗り心地硬そうなイメージなんやけど、Reactoはちゃうんやね。

新型Reactoの画像は無いけど、おそらく数週間後にはバーレーン・メリダが乗り始めるやろうから、それまでもうちょっと我慢や。

(関連する過去記事とか、1つ前・後の記事は下のほうにあるで)

[google adsense]




[wiggle]



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

これも読め
SAMTIAS 真鍮シューホーン(携帯用靴ベラ)01
お気に入り
冬のロードバイクのインナー
JBL Pebbles
人間失格
ACTIVE WINNER U-LOCK