Loading...
レースロードバイク

今後のロードレース日程:ロードバイク初心者も見るべきおもしろいロードレースがこれからどんどん続くよ。

Twitter フランドル公式より 

ミラノ~サンレモが終わった。これからいよいよロードバイクのロードレースが欧米で活発化。本格的にシーズンが始まる。

というわけで、今週から4月前半までのロードレースの日程をご紹介。単純にワシの備忘録でもある。

(1) 3/20(本日)~: Volta Ciclista a Catalunya(カタールニャ1周)

スペインで開催。

山岳コースが多めで、総合系の選手が活躍。クリス・フルームが参戦。

(2) 3/22: Dwars door Vlaanderen(通称ドワルス/DDV)。

ベルギーで開催。北の石畳4連戦の初戦。

北のクラシックの最大にして最高のレースである、フランドル(ロンド・ファン・フラーンデレン /ツール・ド・フランドル)に向けて、重要な調整レースの1つ。次のE3とゲントの3つで1セットのように扱われる。

(3) 3/24: E3 Harelbeke(通称E3)

同じくベルギー開催。位置づけは同上。

近年のワシのイメージは、ボーネンとカンチェラーラの二人で隔年で優勝を回してたイメージ。

(4)  3/26: Gent-Wevelgem(通称ヘント)

本名ヘント・ウェヴェルヘムという、ワシらキモキモなアニヲタ中2病患者が大好きな語感を持つレース。LOS!LOS!LOS!

DDVとE3に比べると、スプリンター向け。しかし、最近レースの難易度がE3とともに若干あがった感じ。そういうレイアウトに変更されてる。坂が多めになった。また運が悪ければ(よければ)くっそ強い風が吹いて選手をなぎ倒し落車させたり、集団を破壊する。

(5) 4/2: ロンド・ファン・フラーンデレン(通称フランドル)

北の石畳4連戦のトリを飾る、最大にして最高の石畳レース。レースの格式・格調も最高。視聴率は8割以上に達する。

かつては、このフランドルもそして次のパリ~ルーベもちょっと人気が低下しつつあったけど、ボーネンとカンチェラーラという、人気も実力も偉大すぎる2人(親友でもある)の活躍で、堕ちつつあった人気・格式が復活。

おかげでプロでも以前よりこのレースを本気で狙う選手が増えた。

近年の盛り上がりはご存知の通り。

去年の優勝はピーター・サガン。


(6) 4/9: パリ~ルーベ(通称パリルーベ。北の地獄)

北野地獄!

上のフランドルと並び、ワンデイレース・クラシックレースでは最高の人気と格調・格式の高さを持つ。ボーネンとカンチェラーラの2強による近年の争いが人気再燃させたのも同じ。

フランドルよりは石畳も坂も少なめ。でも、悪名高き石畳区間もあれば、未舗装の砂道、でこぼこ道も多数ある。雨が降れば、泥にまみれ、前を走る選手が蹴り上げた泥水をすすりながら走る地獄となる。

去年の優勝者は、ずっとアシスト人生を送ってきたおじさんのマシュー・ヘイマン。全世界が泣いた。

なお、ベルギーの英雄ボーネンはこのパリ~ルーベの走行後に引退予定。ボーネンがどんなバイクに乗るのかも興味津々。


パリ~ルーベ以降は、アルデンヌクラシックが続く。ワシにいわせればバルベルデ週間。おーねがいーバールベルデ~♪(アニメ「アイドルマスター シンデレラガールズ」OP)

それらが終わると、ジロ・デ・イタリア。そしてツール・ド・フランスへ続く。
(関連する過去記事とか、1つ前・後の記事は下のほうにあるで)

[google adsense]




[wiggle]



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

これも読め
SAMTIAS 真鍮シューホーン(携帯用靴ベラ)01
お気に入り
冬のロードバイクのインナー
JBL Pebbles
人間失格
ACTIVE WINNER U-LOCK