Loading...
ニュースレース

UCIがルール変更。ゴール前での選手の安全確保へ。

UCI公式Twitterより

ゴール前数キロはいつもカオス。予期せぬ落車で大ケガを負う選手も。

そんな危険なゴール前数キロで選手の安全を今よりも確保するため、UCIはいくつかの点で新ルールを示した。

情報源:UCI implements rider safety features for final kilometer | Cyclingnews.com

今回のUCIの方針は、ANAPRC (Association of North American Professional Cyclist)やCPA (Cyclistes Professionels Associes) といったプロ選手の団体などの要請を受けてのことや。

(1)ゴール前数キロの危険

そもそもなんでゴール前数キロ、特にゴール前3~5㎞あたりが危険なのかといえば、近年のロードレースでは平地の速度が以前よりもハイスピードになってるからや。 

そんな状態になる要素はいくつかある。例をいくつか述べるで。

①危険化する要素1、スプリント勝利を狙うトレイン

平地ゴールはスプリントでの勝利を目指してスプリンターを擁するチームが、トレインを組んで、ちょっとでもライバルチームよりも有利なポジション、すなわち集団の頭を取ろうと必死に速度をあげる。他のチームもそれに対抗して速度あげる。こうやってどんどん速度がつりあがる。

②危険化する要素2、ガチンコポジション争い。やるかやられるか。

また、そんな高速で熾烈な体と体をぶつけあうポジション争いがおこる。やべぇよ…やべぇよ…

相手を時速70㎞近い速度域で体をぶつけて押しのけ、ちょっとでも有利な位置を確保。相手もそれを防御するため必死の抵抗。

ヘッドバッドはまずいですよ!

③危険化する要素3、スプリンターのいないチームも必死

一方で、スプリント勝利を狙わない・スプリンターを擁しないチームでも、そんな高速する集団にライバルとなる他チームがまざっていたら、危険な集団に混ざらざるを得ない。

のんびりしてたら、集団から離れて、ライバルと数秒であったとしても差がついてしまう。それがツールみたいな30日間のレースでは総合優勝の重要な差になってしまうこともある。

④危険化する要素4、3秒ルールならぬ、3㎞ルールという救済措置の存在

さらに、ゴール前3kmで落車や事故が起こっても、3㎞以内ならば救済措置がとられ、先頭と差はつけないという裁定がされる。

すなわち、ちょっとでも早くゴール前3㎞以内に突入することが安心材料につながる。

もちろんそもそも集団先頭にいれば落車・事故に巻き込まれることも少ない。周囲の状況も見やすいから危険回避も楽。

⑤危険化する要素5、ゴール前は街中

ゴール前は見栄えや観戦のしやすさなどを重視するため、市街地や街の中心地に設けられることが多い。

市街地はやっぱりごちゃごちゃしとるわけよ。バリケードは当然設けられるけど、道路上になんかがハミだしてたりもする。


(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

(2)UCIのルール変更、2点

UCIの新しい方針の2点をご紹介。

①ゴール前の記録映像を各チームへ提供

レースの主催者は、ゴール前数キロの状態をあらかじめ録画して各チームに提供せなアカンようになる。

この動画をチームの監督や選手が見て、どこに何があるのか、どんな危険が考えられるのかをあらかじめ予想・分析することができる。そして対策を講じることが可能や。

②山岳ゴール前300mはバリアを設置

レース主催者は、山岳ステージではそのゴール前300mには必ず、観客の侵入を防ぐバリア・フェンスを設置せなアカンようになる。

平地ではゴール前500mから。


(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

(3)おまけ:新PC購入とUCIの東京五輪についての発表

①新PC購入

DELL Inspiron 3250にあわせて机も整理。だいぶすっきり。

これまで10年前に買ったDELLのノートPCを使ってたんやけど、最近はWEBページにもいろんな技術が使われてたり、画像・動画が多いから、PCの性能が追い付かなくていろいろ不具合あったんや。

10年前のセレロン(当然シングルコア)で、メモリは1Gというスペック。液晶は15インチ。iTunes起動させたら、ブラウザのChromeの処理がガガガガガガガガガ…みたいな状態やった。

同じWEBページみてもスマホのほうがはるかに性能が高くて、サクサク動いてたわ。

というわけで、思い切って新しいPCを買ったんや。DELLのInspironシリーズ。スモールデスクトップ。

スペックはCore i3(デュアルコア)で、メモリ4G。液晶モニタは21.5インチ。

やっぱりすごいな、現代的なマシーンは。ええわ。サクサク動きよるで。あとは、ノートよりもデスクトップのほうが机のスペースが広がる。

ただし、Chromeがメモリを馬鹿食いしやがるから、そのうちメモリは増設したいな。

新しいものはエエで。

おまいらも新しいロードバイク買ってもええねんで?

②UCIの東京五輪ネタ

(関連する過去記事とか、1つ前・後の記事は下のほうにあるで)

[google adsense]




[wiggle]



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

これも読め
SAMTIAS 真鍮シューホーン(携帯用靴ベラ)01
お気に入り
冬のロードバイクのインナー
JBL Pebbles
人間失格
ACTIVE WINNER U-LOCK