Loading...
ダイエット・食事・トレーニング

【ダイエット】ロードバイクの1時間あたりの消費カロリーとダイエットの注意点。

今回はロードバイクの消費するカロリーとダイエットの話やで。

最初にワシ個人の最近の話になるけど、実はワシ、去年の秋ぐらいからちょっと運動する時間が減ってて、さらにやで、体重計がその頃壊れて新しいのを買わずじまいやったんや。体重をずっと見てなかったんやわ。

自分では体重増加せんように気をつけてたつもりやったんやけど、最近「微妙に背広着るときのベルトがきつ・・・…いや気のせいやろ」とか思ってたんや。

そしたら案の定体重が7㎏増えたんや。なしとげたぜ(´・ω・`)

まぁもともと豚ではあったんやけど、立派な豚に戻りつつあった。

自分ではできるだけ体重増えないように気を付けてたつもりだったんやけど、やっぱり体重計から離れる生活して、客観的に数字を見る習慣がなくなるとヤバイな。特にオッサンとかジジイになると。

さて、本題に入るで。ロードバイクとダイエットの話や。

情報源:Calories burned cycling: everything you need to know

この記事では、情報源記事の内容をテキトーに要約&再構成して書いておく。情報減にはなんやいろいろ専門的なことが書いてあるけど、小難しいことはスルーする。

(1)ロードバイク1時間あたりの消費カロリー
(2)栄養学の伝統的通説と新理論
(3)カロリー計算の落とし穴
(4)プロテイン
(5)まとめ

という感じで書いてくで。ほないきましょか。

 

(1)1時間のロードバイクで走って消費するカロリーの体重別の目安

情報源記事ではこんな概算が紹介されてる。あくまでだいたいの目安やけどな。

Rider weight Cycling speed Calories burned
55kg 13mph/21kph 440kcal/hour
55kg 15mph/24kph 550kcal/hour
55kg 18mph/29kph 660kcal/hour
75kg 13mph/21kph 600kcal/hour
75kg 15mph/24kph 750kcal/hour
75kg 18mph/29kph 900kcal/hour
90kg 13mph/21kph 720kcal/hour
90kg 15mph/24kph 900kcal/hour
90kg 18mph/29kph 1080kcal/hour

思ってたよりカロリー消費多いな。これマジ?

体重90㎏が時速24kmで1時間走ると900キロカロリー消費すんのか。高校時代・大学時代ののワシやな。

ほんまにたった1時間でこんなに消費してるんかいな。嘘くせぇ。まぁだいたいの目安でしかないしな。だいたいこれ外人用やろし。日本人に最適化した目安ちゃうやろ。

あとはまぁより豚さん体形のライダーとか、大柄なライダーやと空気抵抗がそもそも増えるから、同じ条件で走ってもちょっと差異が生じるけどな。

ま、目安っちゅーことで。

(2)栄養学の伝統的通説と新理論:ダイエットにとって重要なのはカロリーバランスか、それともグッドカロリーなのか?

 

①「消費カロリー>摂取カロリー」⇒痩せる

消費カロリーが摂取カロリーより多ければ痩せる。当たり前。
じゃ、消費カロリーとか摂取カロリーってどうやったらわかるん?という話になるわけやけど、ここに落とし穴がある。

それはとりあえず後述(3)で書く。

②グッドカロリーとバッドカロリー

知らんかったんやけど、アメリカの栄養学の専門業界の「一部には」グッドカロリーという考え方があるんやね。この考え方は乱暴にいうてしまえば、次のようになる。

まずプロテインや「脂質」は良質なグッドカロリー。炭水化物などはバッドカロリー。で、グッドカロリーをちゃんと取れば痩せるという考え方。
つまり、ダイエットには消費カロリーと摂取カロリーは直接関係なくて、カロリーの内容(性質)のほうが重要やということやな。世間の常識や栄養学の専門家の常識に挑戦する理論やな。せやから、極端にいえばこの考え方では、消費カロリー<摂取カロリーでも、グッドカロリーさえとっていれば痩せるんやという結論になる。マジかよ。

Amazonでも本売ってたわ。

でもま、とりあえずこのグッドカロリーとバッドカロリーという考え方はスルーして、世間の常識を前提にしとけばええ。

(3)落とし穴:消費カロリーと摂取カロリーの嘘

 

①カロリーを正確に計算できる方法は存在しない

そもそもカロリー計算には科学的に正確な方法がない。

たとえば、最近流行りのスマートウォッチなどのウェラブル端末やGarminなどのサイコンで消費カロリーとか出るけど、2016年に日本人の専門家が売れ筋の12個のそれらの製品を調べてみたら、カロリー計算の結果がバラバラ。数百キロカロリー違うとか普通にあったようや。

せやから信用しすぎたらアカン。あくまで目安。

同じように、食べ物買うときの包装紙に書いてあるカロリー表示もテキトーやから、信用しすぎたらアカン。あくまで目安。

さらに、結局まだまだ科学的にわかってないことだらけなんや。何がカロリー消費に影響して、何が影響しないのか。いったいいくつ影響する要素があるのか。まだまだわかってないんや。
せやから科学的な正確さは遠い未来のことになる。

②カロリー消費は個人差がある

あげくに人間みんな違うから(みんな違って、みんな良い)、カロリーの消費の仕方・程度にも個人差が「かなり」ある。かなりやで。かなり。めっちゃあるんや。

何が得意かはフレンズによって違うからね、仕方ないね。

以上のことから、あんまり1日の消費カロリーがいくらかを信用しすぎたらあかん。それを理由に食事をしたらアカン。


(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

 

(4)プロテインはなぜ良いとされるのか

 

①消化・吸収されにくい

まず1つめの良い点がこれ。プロテインは消化や吸収されにくい。されにくいってのは、そのスピードが遅いということ。簡単にいえば腹持ちがエエってことや。

空腹を感じる時間を遅らせることができる。せやから、「腹減ったな~なんか食おか」というのを抑えられるというわけや。

②カロリーの量だけでなく質という観点

食べ物が体に与える影響は、食べ物によっていろいろや。食べ物が変わればそれら体に及ぼす影響も変わる。せやから、何を食べるのかが重要や。

たとえ同じカロリーであっても、脂の塊を食うのか、体によさそうなものを食うのかでそら結果は変わるやろ?せやからカロリーだけ見てたらアカン。何を食べるのかも大切や。

プロテインは体内で脂肪に変わりにくい。脂肪を減らそうとするなら、同じカロリーでもプロテインを摂取するほうがそういう点では良いやろってことや。

(5)まとめ・注意点

で、結局何が言いたいねんとなるわけやけど、結局は次のようなことが重要。

・サイコンやスマートウォッチなどのカロリー表示や計算は不正確やから信用するな。あくまで目安にしとけ。「今日はこんだけカロリー使ったから、こんだけ食べてもええやろ」は禁止!

・ほならね、結局もうねプロテインよ。プロテインは神

・グッドカロリー理論はとりあえず無視

・カロリーの総量だけでなく、そのカロリーを何から得たか、すなわち食べたものに注意を払うのも大事。

・結局、バランスの取れた食事がNo.1!

というわけで、まーあれや、プロテインのステマや。いやダイレクトマーケティング?

ん?ワシ?ワシはプロテインなんてやらへんよ。
いやだって不味いやん。

プロテインを毎日?ないわー。絶対ないわ。

たしかにプロテインは神。でも神様っておいしくないね。




(関連する過去記事とか、1つ前・後の記事は下のほうにあるで)

[google adsense]




[wiggle]



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

これも読め
SAMTIAS 真鍮シューホーン(携帯用靴ベラ)01
お気に入り
冬のロードバイクのインナー
JBL Pebbles
人間失格
ACTIVE WINNER U-LOCK