Loading...
その他

Skyのゲラント・トーマス語るゴール前スプリントで生き残る方法、そのテクニック・考え方。

Team Sky公式Twitterより

ジロ・デ・イタリアも第6ステージまでが終了。昨日の第6ステージの感想書こうかなと思ったけど、第6ステージは特にどうこういうようなネタなかったからやめとく。

かわりに今回は総合優勝狙いの選手たちが、どうやって狂乱のスプリンターステージを生き残るのか、そのテクニックをご紹介。

情報源:How do the GC contenders survive Grand Tour sprint stages? Geraint Thomas tells you how

ジロ、ツール、ブエルタのような大きなステージレースはゴール前スプリントはほかのステージレースよりもより過酷になりがち。どのスプリンターもガチで栄光を狙いにくるから。

一方、総合優勝狙いの選手たちはそんなゴール前の狂気の戦場で無傷で生き残る必要がある。そうしないと総合勢の戦場である山岳ステージで本領発揮といかへんからな。平坦ステージで無駄なダメージを負うわけにはいかへん。

そんな総合勢たちの一人、チームSkyの「G」ことゲラント・トーマスが、どうやって熾烈なゴール前スプリントを生き残るのか、その考え方・テクニックを語った。

(1) 無賃乗車はスプリンターだけの技術じゃない

ゲラント・トーマスはまずこう言ってる。

“I follow my team-mates the most of the time, but if I have to float around and use different trains, I can do it,”

訳「基本的にはずっとチームメイトの後を走っとるだけや。でもな、もしチームメイトのトレインから外れなあかん状況になったら、他のチームのトレインを利用するんや。ワシはそれができる」

マキュアン会長、カヴェンディッシュなどトップスプリンターたちがやる無賃乗車を、総合勢たちもやる必要があるってことやな。

(2) ステージレースよりも過酷なクラシックレースでサバイバル方法を学べ

ゲラント・トーマスはまたクラシックレースでの経験が役に立っていると言う。

“Fortunately riding the Classics you are used to fighting for position. I wouldn’t say I enjoy it, but I find it a bit easier than some of the other guys,” 

訳「幸いにも、クラシックレースで走って激しいポジション争いに慣れてる。それが楽しかったなんてことは絶対ないけど、でもその経験が、ほかのライバルたちよりもちょっと有利に働いてると思ってる」

ワンデイクラシックレースも過酷なガチンコバトル。そんな過酷な状況に慣れてることが、同じような条件に置かれたときにも役立つってことやな。

一度ブラック企業に勤めとけば、どんな企業に入っても安心やってことやな!

(;・∀・) ……


(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

(3) カヴェンディッシュから学んだゴール前での動き方

最後にこう言う。

In the middle [of the road] you can get swamped quite easily and get knocked off the wheel, and when you are on one side you can hold the position a lot easier. That’s what all the sprinters teams do and that’s what I’ve done in the past with Cav.”

訳「道の真ん中走ってたらアカンねん。そんなんしてたらすぐに混乱の中に埋没して動けなくなるし、チームのトレインからも離れてしまうからや。せやから両端のどっちかを走ってれば、かなり楽に自分のポジションを確保できる。全てのスプリンターチームはそうしてるし、ワシ自身もカヴェンディッシュがチームメイトだったときにそうしてた」

チームSkyにはかつて最強のスプリンターであるカヴェンディッシュが所属してた。それゆえゲラント・トーマスには、カヴェンディッシュとともに走った経験がある。

ゲラント・トーマスは、カヴェンディッシュとともに走ってスプリンターの動き方を学び、そして、カヴェンディッシュのスプリントのために、トレインを組んで走ってた時の経験・知識がある。

その時に得たことが今のゴール前のサバイバルにも役立ってるってことやね。

とにかく現代のロードレースは平地、そしてスプリントステージでのゴール前の速度が昔に比べてかなり上がって、そのぶん混乱と危険も増してる。落車なんてもう当たり前みたいになっとる。

ゴール前サバイバルの大部分は運に頼らざるを得ないけど、それでも今後は総合勢たちもゴール前のスプリント方法や動き方をスプリンターから教えてもらったり、自ら積極的に経験していくことで、ちょっとでもリスクを回避できるように練習することが重要なんかもしれへんな。

(関連する過去記事とか、1つ前・後の記事は下のほうにあるで)

[google adsense]




[wiggle]



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

これも読め
SAMTIAS 真鍮シューホーン(携帯用靴ベラ)01
お気に入り
冬のロードバイクのインナー
JBL Pebbles
人間失格
ACTIVE WINNER U-LOCK