Loading...
ニュース

2018年に向けてプロ選手の移籍話の噂いろいろ。

ロードレースのプロの移籍

今回の記事は、現時点でのプロ選手の移籍についていくつかの噂話の紹介やで。あくまで噂な。

業界のルール的には、8月1日までは移籍契約にサインしたらアカン&公表したらアカンことになっとるんやけど、サイン&公表しなければええだけやから、当然水面下ではすでにごちゃごちゃいろいろやっとる。

誰がどこへ移籍するのか?

情報源:WorldTour transfer rumours: Who could be switching teams for 2018?


(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

何人かのプロ選手の移籍の噂

①ゲラント・トーマス(現チームSky)

通称「G」ことゲラント・トーマスやけど、2018年まではチームSkyとの契約が残ってるし、追加で1年間の契約更新オプションもついてる。

でも、トーマスは自分がステージレースでリーダーとなりたいようや。これについては次のランダとも関係するんやけど、今年のジロではトーマスはランダとともにダブルエースやった。しかし、トーマスとしてはやはり自分一人が絶対的エースとして活躍できるチームがお望みらしい。ま、そらそうやろな。

せやから、ひょっとしたらその本人の望みをかなえてくれるチームが接触してきて、チームSkyに対して契約の途中解消の違約金を払ってでもトーマスを獲得してくれるような、そんなチームが出てくるかもしれへん。出てこーへんかもしれへんけど。

②ミケル・ランダ(現チームSky)

上述トーマスと関係するけど、やはりランダも自分一人が絶対的エースになれるようなチームに行きたい。仮にトーマスが契約どおりに来年もSkyに残留するならば、ランダは今年と同様に来年もジロなどでトーマスとダブルエースを組まされる可能性が高い。あるいは、Skyがトーマスを優遇すれば、ランダの居場所はなくなる。

さらにクラシックで活躍しようとするにも、チームSkyは、今年のクラシックで大活躍した元世界王者、通称「KAWASAKI」ことクヴィアトコウスキーをすでにSkyに残留させることを決めている。純粋な平地スプリントではサガンに一歩劣るやろうけど、ちょっと登るスプリントや、アップダウンのあるクラシックならばサガンにも勝てる選手やから、クラシックに弱いチームSkyは絶対、KAWASAKIを手放したくないやろうし。

そうなると大きなクラシックでも大きなステージレースでもランダはエースをはれなくなる。

ということで、前の所属チームであるアスタナとか、モビ☆スタとか、あるいはUAE、さらにはバーレーン・メリダへの移籍の噂があるようや。

③イルヌール・ザッカリン(現カチューシャ)

\ザッカリ~ン/

今年のジロ・デ・イタリア総合5位に入ったザッカリン。移籍するとかいう噂があったようやけど、どうやらカチューシャと契約更改の話がついたもよう。来年もカチューシャのもとでグランツアーでの今年以上の総合順位を目指す野望に燃えてるようや。

④アレクサンダー・クリストフ(現カチューシャ)

移籍の噂の中で今最もホットなのがこの人。チームとの関係はなかなかうまくいってないもよう。

どっかの報道によれば、年俸は€200万(約2億5000万円)らしいけど、本人は自分の実績を考えればその年俸は安すぎると思ってるようや。

移籍先チームの噂としては、アスタナ、UAE、バーレーン・メリダがあがってる。」


(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

⑤ マルセル・キッテル(現クイックステップ)

仮にカチューシャからスプリンターであるクリストフがいなくなれば、カチューシャは強力なスプリンターを失うことになる。そこで、3強スプリンターの一人、キッテルの出番というわけやね。

カチューシャがキッテルを獲得したがってるかもしれへん。

というのもそもそもクイックステップは来年のチーム存続自体が危ぶまれてる。来年に向けて大きなスポンサーを獲得できないとチーム消滅か、あるいは予算をかなり縮減してのチーム存続か……となる。

仮に消滅するならキッテルは自由に移籍できる。仮に緊縮予算でのチーム存続ならば、コロンビアの若き天才スプリンター、ガヴィリアとの共存が問題になる。

予算が潤沢ならば二人の花形スプリンターを抱えられる。でもどっちか一方となれば……給料の高いほうを放出する可能性が出てくる。そうなるとまぁ実績からしてキッテルのほうが給料高いやろうし放出される可能性が高い。

⑥TJ・ヴァン・ガーデレン(現BMC)

アメリカのスター選手TJやけど、総合上位を狙った今年のジロでは惨敗。1つのステージでは勝利したけど。それだけで終わってしまった。

ここ数年、大きなレースで総合上位入賞を期待されてきた選手やったけど、どうもことごとく惨敗。本人はこれからも総合系の選手として走りたいようやけど、チームとしては総合成績で結果の出せないTJに、総合成績を狙わせたくない。というわけで、両者の見解が一致してないようや。

で、移籍の可能性があると。

⑦ダヴィデ・フォルモーロ(現キャノンデール・ドラパック)

スペインのメディアによれば、イタリア人であるフォルモロはバーレーン・メリダへの移籍を考えているとのこと。

この前の記事でも書いたけど、キャノンデール・ドラパックは経営難。

過去記事:プロチームのキャノンデールが資金難のため新スポンサーを募集中。

泥船からはさっさと逃げ出すのが吉ということかもしれん。フォルモロはステージレースで有力なアシストとなれる選手やから、バーレーン・メリダにいったらニバリの強いアシストになるかもしれへんな。

情報源記事にはほかの選手についての移籍の噂も書いてあるし、残りはそれ見といて。
(関連する過去記事とか、1つ前・後の記事は下のほうにあるで)

[google adsense]




[wiggle]



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

これも読め
SAMTIAS 真鍮シューホーン(携帯用靴ベラ)01
お気に入り
冬のロードバイクのインナー
JBL Pebbles
人間失格
ACTIVE WINNER U-LOCK