Loading...
ニュース

3Tから新しいカーボンフォークFundi登場。ディスクブレーキロードバイク用で、なんと30㎜幅のタイヤまで対応可能。

© Farrelly Atkinson (F-At) Limited, Unit 7b Green Park Station BA11JB. Tel 01225 588855. © 2008–present unless otherwise stated 下記情報源ページより

ロードバイク界では、アドベンチャーロードバイクやグラベルロードバイクが最近の流行。日本は知らんけど海外では。

それらのロードバイクは基本的にディスクブレーキかつ幅広タイヤが基本。

そんな需要に応じるためカーボン製品で人気の3Tが、新製品Fundiを登場させた。


情報源:3T’s new Fundi road disc fork offers aero benefits with clearance for 30mm tyres

最近のロードバイクはエアロロードバイクでも25mm・28mmとか履けるやつが多いけど、なんと今回の3Tの新フォークは30mmまで対応できるようになっとる。

ま、フロントだけ対応してもリアはフレーム次第やから、リアタイヤはどうかそれは別の話やで。でもま、普通のロードバイクじゃなくて、アドベンチャーロードバイクとかグラベルロードバイクとかならリアも幅広タイヤはけるし、ましてはオーダーメイドでフレーム作るならなんとでもなる。

ようするにそういったロードバイクでも、Cereveloが使ってるように人気の3Tのフォークが使えるようになるで~という話やね。

値段は£500(約72000円)。重さは400g。買えるのは8月なってからの予定。

なお、同じようなカーボンフォークはカーボンホイールで一躍人気ブランドに躍り出たEnveも出してる。こちらはMavicのSpeed-Release スルーアクスル方式を採用し、32mm幅のタイヤまで対応可能。値段はまぁ3TのFundiと同じようなもんで、ちょっと高いぐらい。せやから、Enveのライバル製品の登場ということやね。

(関連する過去記事とか、1つ前・後の記事は下のほうにあるで)

[google adsense]




[wiggle]



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

これも読め
SAMTIAS 真鍮シューホーン(携帯用靴ベラ)01
お気に入り
冬のロードバイクのインナー
JBL Pebbles
人間失格
ACTIVE WINNER U-LOCK