Loading...
ニュース

Lapierreの2018年モデル。新AircodeとPulsiumを発表。

©Lapierre 下記情報源サイトより

ラピエール(Lapierre)が、エアロロードバイクのAircodeと、エンデュランス系バイクのPulsiumの2018年モデルを発表。

情報源:Lapierre announce new Aircode aero bike and Pulsium endurance bike

今回発表のAircodeとPulsiumの2種類のバイクはもともと2015年に初代が登場して、今回の2018年モデルの新型でそれぞれ2代目。英語でいうとセカンドジェネレーション。どうでもええけど、ワシはBerryz工房のスペシャルジェネレーションという曲が好きや。


(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

Lapierre 2018年モデルのAircodeとPulsium

さて2018年モデルでの進化には、プロチームFDJの選手からのフィードバックが生かされとる。以下、それぞれどんな進化したのか簡単にご紹介や。

①2018年モデルのAircode

©Lapierre 上記情報源サイトより

2018年モデルのAircodeではジオメトリとフレーム設計に手が加えられた。

現行のAircodeも選手からは剛性とスピードには高い評価があったけど、同ブランドのXeliusと比べるとハンドリングがモタつきを感じるとの意見があった。

そこで2代目となる2018年モデルのAircodeではハンドリングを主要な課題としてジオメトリとフレーム設計を見直したというわけ。

数字でいうと、スタックハイトを1cm低くして直進性をUP、さらにチェーンステーを短くした。

これによって高速でコーナーにつっこんだり、スプリント時のちょっとした微妙なバイクコントロールが改善されるもよう。実にプロ選手っぽい観点からの改良。そういう意味ではワシみたいなポタリング豚じゃなくて、レース派(特にクリテリウムとか)のおまいらにぴったりの改良やね。そもそもがエアロロードバイクやしね。空力性能はあるからね。

②2018年モデルのPulsium

現行モデル Pulsium。©Lapierre 公式サイトより

Pulsiumについては全体的に剛性が向上しとる。ただし、現行のモデルで評価が高い快適性は維持したままや。

これについてはパリ~ルーベなどクラシックレースで使ってた選手からのフィードバックによるものや。快適性を犠牲にせずに剛性を上げてくれと。

結果、2018年モデルでは↑画像の現行モデルのように、トップチューブとシートチューブの接合部のなかなか個性的なデザインはそのままで、シートポストを細くし、さらに一部ブランドでも衝撃吸収技術として採用されてるエラストマー技術を採用することにした。

剛性向上という点では、大きな力がかかりやすいエリアである、ダウンチューブ、ヘッドチューブ、そしてチェーンステーの3つのエリアにおいて、それぞれボリュームをUP。これによる剛性向上は、BB付近では40%、チェーンステーで25%、ヘッドチューブで20%といった上昇率。こんなん実質ほぼ別もんのフレームになっとるんちゃうか。

(関連する過去記事とか、1つ前・後の記事は下のほうにあるで)

[google adsense]




[wiggle]



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

これも読め
SAMTIAS 真鍮シューホーン(携帯用靴ベラ)01
お気に入り
冬のロードバイクのインナー
JBL Pebbles
人間失格
ACTIVE WINNER U-LOCK