Loading...
ニュースロードバイク

スペシャライズドが2018年モデルのAllez発表。初めてのロードバイクに最適&お手頃価格の最新アルミロードバイクへ変貌を遂げる。

©RCUK Specialized announce updated Diverge gravel bike, entry-level Allez and CruX cyclo-cross race machineより

スペシャライズド(Spcialized)が、2018年モデルとして、同ブランドの象徴的・人気アルミフレームバイクのAllezを大幅にアップデートして発表。

これまではバリバリのレーシングバイクだったAllezが、初めてロードバイクを買う&乗る初心者にも乗りやすいゆったりとしたライド用の設計へ大転換や。


情報源:Specialized announce updated Diverge gravel bike, entry-level Allez and CruX cyclo-cross race machine

2018年モデル、Specialized Allezの概要・特徴

©RCUK Specialized announce updated Diverge gravel bike, entry-level Allez and CruX cyclo-cross race machineより

①レース用バイクからゆったりと走れる快適性重視のバイクへ大変更

現状Allezには2種類あって、普通のとSprintシリーズのとがある。今回リニューアルされたのは普通のほう。Sprintシリーズは名前のとおり「スプリント」やから、ガチのレーシング向け。

そして今回の変更で普通のほうのAllezが大幅に変更。現行モデルまでは、いかにもロードバイク的な前傾を取るレーシングポジションで乗る設計やったんやけど、2018年モデルでは前傾姿勢も緩和されるようになり、よりゆったりとしたポジションで、リラックスして快適に乗れる、ロングライドしても疲れにくいバイクに設計が変更された。

これによって、上記Sprintシリーズとは完全に差別が図られることになったわけやね。

具体的には、ホイールベースとヘッドチューブが長くなり、ゆったりした乗車姿勢と、ゆっくり走るときの安定性が増加。

②新しいE5アルミ素材でフレーム重量が軽量化&上位機種Tarmac譲りのカーボンフォーク

2018年モデルのAllezでは、新しく設計されなおしたE5アルミ素材をつかって現行モデルよもなんと450gもの軽量化を果たしたらしい。これはかなりの軽量化やで。

さらに人気上位モデルTarmacゆずりのカーボンフォーク(370g)を搭載。これによりただ軽くなっただけでなく、快適性、振動吸収性、コーナーリングでの安定性などが向上される。コーナーリングでの安定性は安全にも密接にかかわるから、ええ進歩やね。いうて調子のってたらアカンけど。


(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

③これまでより幅広い使い方に対応&ケーブルはフレーム内臓へ

最近欧米では未舗装路(砂地とか林道とかガレ場とか)などを走ったりできるロードバイクであるアドベンチャーバイクやグラベルロードとか呼ばれてるジャンルが人気や。

 新型Allezはこれらにも対応できるように、幅の広いタイヤが履けるようになってる。

幅広いタイヤは快適性が高く、パンクにも強い。そしてそういった荒れた路面を走るための設計されたタイヤ(凸凹のあるオフロード系タイヤ)が履けるようになってる。

加えて、そういったちょっとしたツーリングや冒険に対応できるように、カバンや荷台をセットできるように最初からいろいろ工夫されとる。

さらに、日常的にも使えるように泥除けもつけられるように設計されてる。

 見た目では、ブレーキやシフトに使うワイヤーがフレームの内部を通すようになってて、より見た目がすっきりするようになった。フレームの内部にワイヤーが通るから、ワイヤーが汚れたり、サビたりするのも防ぎやすいというメリットもある。

④価格&仕様など

日本市場向けではどんな仕様・価格になるのかはまだわからん。そもそも2018年モデルの新型Allezの発表がまだ公式にはない段階。

でも情報源記事中では、US市場向けとしては$750(約8万3000円)~という感じのようや。この最安価格のモデルでは、シマノの街乗り向けの安いClaris(クラリス)という変速系&駆動系のパーツが使われて、完成車として販売される。

 中位モデルでは同じくシマノの105が使われた完成車になるもよう。この場合値段は$1200(約13万円強)となる。

こんなふうに快適性・安定性を向上させ、さらに大きな軽量化も果たした2018年モデルのAllezは、初めてロードバイクを買う人や、すでにロードバイクに乗りまくってるけど2台目が欲しいという人間にも楽しみやすいバイクになっとると思う。買ってええんやで。

というか、もはや現行モデルとは別バイクといってもええかも知れんね。
(関連する過去記事とか、1つ前・後の記事は下のほうにあるで)

[google adsense]




[wiggle]



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

これも読め
SAMTIAS 真鍮シューホーン(携帯用靴ベラ)01
お気に入り
冬のロードバイクのインナー
JBL Pebbles
人間失格
ACTIVE WINNER U-LOCK