Loading...
ニュース

車いすのユーザーも自転車レーンを走行可能へ@ダブリン

アイルランドの首都ダブリンが今検討中なのが、車いすを使う人間も車道の自転車レーンを使えるようすること。

情報源:Dublin mayor considers plan to let wheelchair users into cycle lanes

車いすも車輪2つついとるから、そらまぁそうやな。

海外の都市はなんだかんだで日本より道路環境・舗装状態が悪いしな。古臭いというか、よく言えば歴史・情緒の保存というか。パヴェだらけだったり、縁石がでかすぎたり、たとえアスファルト舗装でも凸凹だったり。車いすの人間には移動しやすいとはいえへん。

あちらは社会的・意識的には日本よりもバリアフリーが進んでるんかもしれへんけど、道路環境としてはまだまだなところがあるんやね。

市長のBrendan Carrはこう言うとる。

“The question has to be asked why they need to use the cycle lanes. Lots of paths around the city are too narrow, aren’t maintained or whatever else. But until that is fixed I would have no problem with this as a solution in the interim.”

訳「問題は、なんで車いすの人間にも自転車レーンが必要なのかということよ。街中のいたるところにぎょうさん小道あるけど、全部狭すぎるんや。しかもメンテナンスもなにもあったんもんちゃで。でも、そういった問題が解決するまで、自転車レーンを使えるようにすることでええ感じになるんとちゃう?当分の間だけの措置やけどな」

ええ感じのダブリン市内の動画あったから見といてな。なかなかええでこのシリーズ。

(関連する過去記事とか、1つ前・後の記事は下のほうにあるで)

[google adsense]




[wiggle]



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

これも読め
SAMTIAS 真鍮シューホーン(携帯用靴ベラ)01
お気に入り
冬のロードバイクのインナー
JBL Pebbles
人間失格
ACTIVE WINNER U-LOCK