Loading...
ニュース

2018年ロードレース日程:フランドルの前哨戦だったデ・パンヌとドワルスの日程が交代。

Flanders Classics Twitterより

ロードレース界の一大イベントである最高峰のレース、ロンド・ファン・フランデルン(通称。ロンドまたはフランドル)。今年はジルベールが優勝したのも記憶に新しい。

その一大イベントは、いわゆる「フランドル2週間」のオオトリ。

2018年のワールドツアー日程では、この2週間の日程がちょこっと変更される。

情報源:Dwars door Vlaanderen to take pre-Flanders slot from De Panne – News Shorts

具体的には、デ・パンヌ3日間とドワルス・ドール・フラーンデレン(DDV)の日程が変わる。

ミラノ~サンレモが終わると、フランドル2週間が始まるんやけど、これまでは基本的に、DDV→E3ハレルベーク→ヘント〜ウェヴェルヘム→デ・パンネ3日間→フランドルという流れで日程が組まれてた。


(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

ただ、この中でデ・パンネ3日間だけがちょっと異質な存在やった。というのも、ほかのレースはワンデイクラシック。ところがデ・パンネは3日間のステージレース(ステージは4つ。1日に2つのステージやる日がある)。

せやから、フランドル優勝を狙う大物はデ・パンネは欠場することが多かった。で、DDV主催者側は、「せやったら、E3→ヘント→DDV→フランドルとしたらええ感じなるんちゃうの?そうしろ」と主張してたわけ。つまり、DDVをフランドルの前哨戦に位置付けようと望んでたわけや。フランドルの調整としてスター選手が大量に出場してくれればレースの人気向上になるわけやし。

でもそんな主張が通ったら、デ・パンネ側としては「ちょ待てや。なにいうとんねん」という話になるわけよ。

というわけで、両者で喧嘩してたんよ。2018年のレース日程をめぐって。

で、UCIが決定を下した。

UCI「2018年は、DDVの言う通りにするやで」

デ・パンネ「ファッ!?」

こうよ。

というわけで、2018年は、フランドルの直前にDDVが開催されるという日程になる。つまり、2018年はミラノ~サンレモ→デ・パンネ→E3→ヘント→DDV→フランドル、とこうなるわけやね。

なお、ベルギーの日刊紙「Het Nieuwsblad」によれば、デ・パンネは3日間レースから2日間のレースになるかもしれへんとのこと。余った1日はデ・パンネ女性版のレースが開かれるかも?ということらしい。

今年のフランドルのハイライト動画

(関連する過去記事とか、1つ前・後の記事は下のほうにあるで)

[google adsense]




[wiggle]



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

これも読め
SAMTIAS 真鍮シューホーン(携帯用靴ベラ)01
お気に入り
冬のロードバイクのインナー
JBL Pebbles
人間失格
ACTIVE WINNER U-LOCK