Loading...
ニュース

カヴェンディッシュとカミングスのツール出場決定。ディメンション・データが2017年ツール・ド・フランスのメンバーを発表。

Mark Cavendish‏ Twitterより

プロチームのディメンション・データが今年のツール出場メンバーを発表したやで。

最大の関心は、やはりカヴェンディッシュ。キスの病気から回復しつつあり、いちおう最近ちょこちょこレースに復帰し、それなりの状態にはなっていたけど、公式発表まではどうなるか本人もわからんと言うとった。

しかし、個人TTとロードで2007年のデイヴィッド・ミラー以来の2冠という快挙を獲得した英国王者カミングスとともに、無事ツール出場決定や。

そしてもちろん、カヴの盟友マーク・レンショーも出場。そしてボアッソン・ハーゲンに、アイゼルも。

なんといってもカヴェンディッシュには、ツールでの勝利数について1位のエディ・メルクス超えがかかっとるからね。あと4勝やったかな。今年は1勝でもしときたいからね。


(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

ディメンション・データの2017年ツールの出場メンバー

①ディメンション・データの2017年ツールの出場メンバー

さて、チーム公式Twitterの発表ではメンバーはこうなった。

・Mark Cavendish

・Steve Cummings

・Edvald Boasson Hagen

・Bernhard Eisel

・Mark Renshaw

・Serge Pauwels

・Reinardt Janse van Rensburg

・Jaco Venter

・Scott Thwaites

という9人や。

②メンバーの役割の予想

基本的には、英国のTT王者カミングスが長くトレインを引っ張り、アイゼル/ボアッソン・ハーゲン→レンショー→カヴェンディッシュ発射という流れかね。

カミングスはTTの実力もそうやし、英国のロードレース王者でもある。また課ヴぇぃんディッシュよりもずっと登れる選手やから、逃げ切りでステージ勝利も狙える。

また同様に、ボアッソン・ハーゲンも脚質ノルウェーやからアップダウンのあるステージで逃げ切りは十分狙えるし、少数スプリントになれば勝てる可能性は高い。チームSkyでいうと、KAWASAKIことクヴィアトコウスキーみたいな感じかいな。ちなみに、今年のノルウェーの個人TT国内王者の栄冠に輝いとる。

そして、Reinardt Janse van Rensburgという選手は南アフリカの選手で、日本のロードレース界ではある意味でなじみのある名前かも?というのも、アジアの大きなステージレース、ツール・ド・ランカウィの2016年総合王者やからね。

あと、Jaco Venterは山岳で、カヴェンディッシュなどのアシストをするクライマーかな。ひょっとしたら逃げに乗ってステージ優勝を狙うかも?

さらに、Serge Pauwelsもオールラウンダー的な選手やからアップダウンのあるステージや山岳では積極的に逃げに乗るかもね。

ディメンション・データはもうほぼ完全にカヴェンディッシュのスプリントのためのチームやろうし、山とかでは自由にこれらの選手は動けるやろうし、個人の栄冠を手にするチャンスは他の総合狙いのチームのアシストたちよりあるかもね。ま、実際の作戦はしらんけど。

動画:今年のツール・ド・フランスにおけるスプリンター紹介

(関連する過去記事とか、1つ前・後の記事は下のほうにあるで)

[google adsense]




[wiggle]



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

これも読め
SAMTIAS 真鍮シューホーン(携帯用靴ベラ)01
お気に入り
冬のロードバイクのインナー
JBL Pebbles
人間失格
ACTIVE WINNER U-LOCK