Loading...
その他

ピーター・サガンの推定年俸約6億円についてチームBora-Hansgroheはどう考えているのか?

Bora-Hansgrohe Twitterより

去年に消滅したティンコフから移籍したサガン。

Bora-Hansgroheがサガンに払う年俸は、噂によれば推定年俸は約450万ユーロ。今の相場で約5.7億円以上。ま、だいたい約6億。

もちろんそれ以外にもなんかボーナスとか、サガンが個人的に契約してるスポンサーから(Specializedとかから?)、あるいはパトロン(いるのかどうか知らんけど)からいろいろもらえるわけやけど。

自転車のプロチームはワールドツアープロチームレベルであっても、その経済規模なんてたかが知れとるわけで、サッカーやF1や野球とは大違い。規模としては日本サッカーのJリーグのJ1とかJ2あたりが近いんかな?ま、Jリーグもピンキリやけどね。

そんな規模の自転車プロチームが支払う推定約6億円。Bora-Hansgroheにとって、サガンに払う年俸は安いのか?高いのか?

情報源:Bora’s investment in Sagan will pay off at Tour


(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

Bora-Hansgroheにとってのサガンの年俸の意味

Peter Sagan Twitterより フサフサうらやましいのぉ…(´;ω;`)

情報源記事のインタビューで、チームBora-HansgroheのマネージャーのRalph Denkは「予算については言えへん」としながらも、こう答えてる。

“Sagan’s also an expensive cyclist, but he’s the cyclist that brings the biggest return of investment for our sponsors.”

訳「たしかにサガンは高給取りの選手でもあるけど、チームのスポンサーにとっては、その投資に対する最大の見返りをもたらしてくれる選手でもあるんや」

さらにこう言う。

“Standard is not enough. I have the numbers. A middle-ranked WorldTour team and one of the best teams, there’s a huge gap. That’s why our sponsors put much money in our team to have Peter. That’s why our sponsors put in the money to have Peter.”

訳「”普通”じゃアカンのや。ロードレース業界でもいろんなもんについて数字が情報として出るやろ?UCIのワールドツアーチームでも、順位の真ん中と上位層では違うやん。そいういうわけで、うちのスポンサーはぎょうさんお金を投資してくれる。ピーター・サガンのためにな。いいかえれば、スポンサーはピーター・サガンを手に入れるために投資してくれるんや(サガンは普通じゃない特別な選手やしな)」


(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

チームとしてはスポンサーはいろいろ変わってるけど、発足してほぼ10年となる。最初は小さなチームやった。しかし今年ついに世界最大のイベント、ツール・ド・フランスに出場することに成功。もちろんこれはピーター・サガンを獲得し、ワールドツアープロチームへと昇格できたからこそ。

ワールドツアープロチームに昇格すればメディアでの注目度が大違い。スポンサーの名前もバンバン目に飛び込む機会が増える。そこにピーター・サガンという若きスーパースターという要素が加わるわけ。そらもうチーム・スポンサー名の露出という点では従前とは全く異なるレベルになってる。

その分、メディア対応の広報スタッフや事務スタッフとかは忙しそうやけど、それはまぁうれしい悲鳴というやつよ。チームの注目度が上がれば、スタッフの気持ちも引き締まるもんやし、やっぱりその組織で働いてるということに誇りというか、見栄というかそんな感情は生まれるもんよ。

さらに今年のツールのコース設定は、巨大な山岳ステージが少な目。乱暴にいえば、今年のツールはBora-Hansgroheにとってチームが(サガンが)勝利を量産できる機会が多い。

平坦ステージが7つ。そして、サガンが対応できそうなレベルの山岳を混ぜたステージが4つ。合計11つのステージでサガンは優勝を狙える。もちろん平坦7つは、病み上がりカヴェンディッシュはまだその状態が不明としても、少なくともキッテル、グライペルといったガチスプリンターと競うことになるのできついし、誰もが脅威とするサガンの実力ゆにマークされ続けるから勝利を狙うのも厳しくなってきている。

それでも今年のツールはサガンにとって、言い換えればBora-Hansgroheにとってもさらなる話題をかっさらえる絶好のツールでもある。そんなツールに出場できたのは上述のようにサガンを獲得できたから。

チームとしては高い年俸を出すだけの価値は十分にあると考えてるわけやね。

(関連する過去記事とか、1つ前・後の記事は下のほうにあるで)

[google adsense]




[wiggle]



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

これも読め
SAMTIAS 真鍮シューホーン(携帯用靴ベラ)01
お気に入り
冬のロードバイクのインナー
JBL Pebbles
人間失格
ACTIVE WINNER U-LOCK