Loading...
ニュース

Cannondale 2018年モデルの新Synapse登場。より多目的なロードバイクへと進化。

©Cannondale 公式サイトより

Cannondale(キャノンデール)が、2018年モデルの新型Synapseを発表したで。

新Synapseの特徴は、レース性能を損なうことなく、より多目的に使えるなんでもバイクとして進化したことや。

Cannondale 2018年 Synapseの概要:真のエンデュランス系ロードバイクとして進化を遂げる。

©Cannondale 公式サイトより

①2017年モデルよりも軽量で、より高い剛性。ジオメトリにも工夫。

SynapseはそもそもガチガチのレーシングマシンSuper-Sixとかよりも快適性を重視したシリーズで、長距離のエンデュランス系の用途のロードバイクとして存在してる。

2018年モデルのSynapseは、そんな位置づけから離脱することなく、レーシング性能を向上させた。具体的には軽量化と剛性の向上や。

フレームはこれまでより220gもの軽量化。さらに、剛性は10%の向上。

ジオメトリも、このレース性能と下記②の快適性との最適なバランスを目指したジオメトリになってる。


(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

②快適性も向上

©Cannondale 公式サイトより

剛性を高める一方で、快適性を向上させることにも心を砕いてる。

Cannondaleの伝統芸であるサスペンション技術SAVEを、チェーンステー、シートステー、フォークにはもちろん、新しいSynapseに採用される新型ハンドルと新型シートポストにも適用。上画像のこの新しいハンドルバーは、新SAVEシステムバーと呼ばれるもの。なかなかかっこええね。

このハンドルバーはこんな風にサイコンを一体的に設置できる。

上記情報源記事より

これでスッキリ。

③その他の特徴

多目的に使えるバイクとして進化という観点では他にも、欧米で流行のグラベルロードバイクやアドベンチャーロードバイクとして本領発揮できるように、32mmのタイヤが装着できるようになってる。

©Cannondale 公式サイトより

また←画像のように、ディスクブレーキはフラットマウント方式で搭載可能。そして→画像のように、ブレーキやシフトのワイヤーなどはフレーム内を通す方式。さらに、よりスムーズに配線できるようフレーム内部に工夫がされてる。もちろん紐式にも、ワイヤレス・電動のeTapやDi2にも対応してるで。

フレームサイズに合わせて、3種類のヘッドチューブ径、さらに、3種類のオフセット量のフォークが提供される。これにより自分の体格に最適なフレームを実現できるということらしい。

ま、その他詳細は大手メディアのサイトとか↓の公式見といて。

Cannondale日本公式:2018Synapse

(関連する過去記事とか、1つ前・後の記事は下のほうにあるで)

[google adsense]




[wiggle]



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

これも読め
SAMTIAS 真鍮シューホーン(携帯用靴ベラ)01
お気に入り
冬のロードバイクのインナー
JBL Pebbles
人間失格
ACTIVE WINNER U-LOCK