Loading...
ダイエット・食事・トレーニング

なぜ体幹の強さがロードバイクには必要なのか?体幹トレーニングの効果とは?

最近はどんなスポーツでも、体幹、体幹、体幹、体幹とうるさい。もちろんロードバイクでも体幹の強さは重要であり、体幹トレーニングがプロの世界でも取り入れられている。
しかし、なぜロードバイクで体幹の強さが必要となるかはなかなか説明されていない。

今回は、ロードバイクで体幹が必要な理由をご紹介。

情報源:Why core strength is important for cyclists

(1)なぜ体幹の強さがロードバイクに必要なのか?

上の情報源記事にはいろいろ書いてるけど、今回は2つの大きなポイントをまとめておくで。

ほないこか。

①下半身の力をより効率的にペダルへ伝えられる。

まずはこれ。これはイメージ的になんとなくわかると思う。太もも・腹筋・ハムストリングス・ケツなど、腰あたりには自転車を走らせるためのパワーを生み出す基幹部分が集まってる。

その基幹部分である腰あたりがふにゃふにゃやと、せっかく大きなパワーを発生させることができても、うまく伝わりにくいということやね。ロスが生じるというイメージ。

金属は固いほうが、「カァーンッ!」って甲高く響くやん?

豆腐を殴っても衝撃=力が吸収されてしまうやん?

そういうこと。腰・上半身の体幹=基幹部分が安定してないと、この部分でせっかくの力がロスされてしまうんやね。体幹の安定と、腰を動かすペダリングとはまた意味が違うので、両立は可能。カンチェラーラのペダリングみたいにね。

たぶんね。専門家ちゃうから知らんけど。たぶんそうやろ。最近は腰や上半身を動かすペダリングがプロでも流行ってるようやね。動かすというか肉体全体としていろいろ連動して結果的に動いてるという感じか。

体幹を安定させるために、不自然に上半身をがっちり固定させる・抑え込むのは逆に肉体を無駄に疲れさせるだけやから、体幹の強さと、走行時の上半身の動きとかはまた別次元の話な。


(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

②長時間走行するときの不快感・痛み、そして怪我が減る。

強い体幹によって、不快感や痛み、さらには怪我が減るって、それ体幹と関係あんのかいな?と思うやろうけど、ちょっと関係あるんや。

第1に、筋肉の痛みについてや。

体幹が弱いとその弱さを補おうとして、他の部位の筋肉を意識して使う、あるいは無意識的に使われることになる。その結果、その他の部位に負荷を与える結果となり、その部位の筋肉を傷めることになるんやね。肉体の筋肉はいろいろ連動しとるからね。

たとえば、変に膝に力が入って膝を傷める結果にもつながる可能性がある。また背中が痛くなることもある。これは体幹の弱さを補うために、背中の筋肉を酷使してるからやね。

こういった体の痛み、負傷につながることになる。

第2に、不快感と痛みについてや。

体幹の力を補うために、他の部位の筋肉を使うということはサドル上で腰・上半身が動きやすくなるということでもある。

乱暴なイメージでいうと、それなりの距離の激坂のぼるとき、上半身ゆするやん?あれは平地を流してるときとは違う筋肉を使って、パワーを補おうとするわけやん?スプリントのダンシングも同じような感じやん?他の部位のパワーを使おうとして、積極的に肉体を動かすことになる。

こんな風に、体幹が弱いと長時間走行するときにサドル上で「動き」が発生してしまう。これはパワーロスという意味では上①ということになる。

一方で、サドル上で余計な動きが増えるからことは、ケツや股に余計な負担を与えることにもなる。股ズレの可能性も出てくるし、サドルのベストポジションからケツがズレてしまうからケツが痛くなる可能性も多くなる。

さらに、揺れる上半身を安定させようとして必要以上にハンドルバーを強く握る、あるいはハンドルバーに姿勢の維持を依存するハメになる。

こうなると走行時の衝撃が手に伝わりやすくなり、手が震えたり、握力が少なくなったり、とっさのときに円滑なハンドル操作ができなくなることになる。これは余計な疲労を発生させるだけでなく、最悪事故にもつながる可能性がある。


(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

③まとめと、お手軽かつ必要十分な体幹トレーニングの方法

以上の理由以外にも、骨の健康にとってもええらしいで。

というわけで、やっぱりロードバイクには強い体幹が必要なんや。

そんな大切な体幹を手に入れるトレーニング方法で、お手軽かつ必要十分な効果が得られる体幹トレーニングといえばそう、プランクやね。

こういうやつね。

なお、プランクにもメリット・デメリットがあるようや。それはプランクやとバランス感覚が悪くなるというデメリット。ほんまかどうかは知らんけど。

この点については地震の耐震構造と免震構造の違いを例にして、この動画で説明してる。



(2)おまけ:6つのブランドの今最も熱い新型ロードバイク

今ツールなどでプロが乗っている、最も熱い2018年モデルの最新ロードバイクを紹介する動画をどうぞ。みんな大好きGCN動画から。

英語やけど、商品名は出るから問題なし。

(関連する過去記事とか、1つ前・後の記事は下のほうにあるで)

[google adsense]




[wiggle]



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

これも読め
SAMTIAS 真鍮シューホーン(携帯用靴ベラ)01
お気に入り
冬のロードバイクのインナー
JBL Pebbles
人間失格
ACTIVE WINNER U-LOCK