Loading...
ニュース

2018年ジロ・デ・イタリアは、世界遺産エルサレム旧市街地のTTからスタート?

なんと、ジロを主催するRCS Sportが、来年のジロ・デ・イタリアはエルサレム(イスラエル)からスタートさせようと思ってるらしい。

情報源:2018 Giro d’Italia to start with time trial in Old Jerusalem

エルサレムといえば、ユダヤ教、キリスト教、イスラム教という3つの宗教にとって聖地。
そして、アメリカ、イギリスなどのせいによってひじょーに、ひっじょーにややこしい状態の地域にある都市。現代社会のほとんどの問題がここに帰結するんちゃうんかと思ってしまうぐらい複雑な地域にある都市。

そのエルサレムの旧市街地(Old Jerusalem)は世界遺産。ややこしい都市やから、実は世界遺産への登録申請は隣国ヨルダンによってなされた経緯がある。アメリカ&イギリスによって作られた親米・アメリカ寄りのイスラエルがそれやるとややこしくなるからね。仕方ないね。

主催者のRCS Sportはここを個人タイムトライアルでスタートしたいらしい。大丈夫なんか……やべぇよやべぇよ・・・・・

スポーツと政治は切り離すべきやというけど、昨今の世界情勢、特にヨーロッパあたりの政治状況・治安状況考えるといろいろ考えさせられるスタート地点やねぇ。ま、ワシは豚やからようわからんけど。

さらにいえば、2018年という年は、そう、シオニズム運動を経てイスラエルが建国された1948年から数えて70周年という記念すべき年。

イスラエル出発して、ローマでゴール?

歴史好きにはたまらん設定やろね。

なお情報源記事によれば、最初の3つのステージがイスラエル国内で行われる予定。ただ公式の発表は今年の9月やから、またその時に記事にするで。

(関連する過去記事とか、1つ前・後の記事は下のほうにあるで)

[google adsense]




[wiggle]



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

これも読め
キングジム、ニュートラルボックス(Neutral Box)
自転車空気入れ(フロアポンプ)Lezyne CLASSIC FLOOR DRIVE BLACK
ワイプオール(WIPEALL)
LANDCASTの携帯ポンプ
Giro Cinder、Stynthe、Aeon WF、そしてBell Zephyr
ロードバイクタイヤ、Hutchinson Fusion5.
プロテイン「明治 ザバス ウェイトダウン ヨーグルト風味」
ELECOM 電源タップ 雷ガード 個別スイッチ
ACTIVE WINNER U-LOCK