Loading...
その他

今年のUCIロード世界選手権は、コロンビアが大暴れする?

来月は9月24日(日曜)に開催される予定の、UCIロード世界選手権。今年はコロンビア旋風が吹くかもぉ……。

(1)ピーター・サガンと世界選手権

Peter Sagan‏ Twitterより

今年のUCI MENS エリートロード世界選手権はピーター・サガンの3連覇がかかってる。これを達成すればサガンは歴史を塗り変えることになる。

なんでかというと、これまでの歴史上、2連覇まではあるんやけど、3連覇をなした選手がおらへんのよ。

3「連」覇じゃなくて、「3勝=3冠」はいるんやけどね。エディ・メルクスとステファン・ロッシュの2人。

というわけで、サガンが勝てば史上初の3連覇。そして、3勝することで、メルクスとロッシュに並び、史上3人目の3冠となる。もちろん3連覇でそれをなしとげるほうが歴史的にありえないほどの栄光となる。

サガンは世界選手権に備えて、無駄な体力消費を避けるためブエルタ・エスパーニャは欠場が決定ずみ。

ちなみに個人タイムトライアルでは、マルティンが史上初の3連覇しとるけどね。


(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

(2)コロンビアと世界選手権

POC TwitterNairoQuinCo‏ TwitterQuick-Step Cycling Twitterより

コロンビアはおそらくこの画像のように、コロンビア人3強が出てくるはず。超級クライマーのキンタナ、TT能力もそれなりにある総合タイプのウラン、そして若手天才スプリンターのガビリア。

キンタナはジロ・デ・イタリアでの疲れが抜けきれず、ツール・ド・フランスでは不本意な成績に終わったけど、今年のブエルタは欠場予定。よって世界選手権に向けてしっかりと回復し準備を整えて参戦するはず。

また、オリカ・スコットの若手コロンビア人、エステバン・チャベスが参戦すればさらにもしろくなりそう。チャベスは今年はちょっとした感染症にかかって、ツールでも目立った活躍できなかったんやけど、その病気からちゃんと快復さえできていれば、なんてたって、クラシックのロンバルディアを制した実力があるからね。

なお、今年の世界選手権はノルウェーで開催。 距離は約280㎞弱。いくつか関連動画をご紹介しとくで。

大会PV。

ホスト都市BergenのPV。

コース紹介動画。

(関連する過去記事とか、1つ前・後の記事は下のほうにあるで)

[google adsense]




[wiggle]



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

これも読め
SAMTIAS 真鍮シューホーン(携帯用靴ベラ)01
お気に入り
冬のロードバイクのインナー
JBL Pebbles
人間失格
ACTIVE WINNER U-LOCK