Loading...
ニュース

今年、キンタナがモビスターから離脱?

Movistar Twitterより

バルベルデ(バ師匠)と並ぶモビスターの2大エース、ナイーロ・キインタナ(村長)。

そのキンタナが、今年限りでモビスターを離れるかもしれないとの噂があるようや。


情報源:Movistar and Nairo Quintana could split at the end of 2017, report suggests

チームMovistarとキンタナとの契約は、2019年まで。しかしそれより2年早く、今年中に契約を解消(撤回)する可能性があると、イタリアの新聞紙 La Gazzetta dello Sportが伝えてる。

ま、あちらのスポーツ新聞も日本のスポーツ新聞もそんなかわらんやろうし、サンスポとかのノリの記事かもしれんけどね。
さて、情報源記事について2つまとめておこか。


(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

(1) チーム側とキンタナ側の相互不満

NairoQuinCo‏ Twitterより

報道によると、チームがキンタナへ抱いてる不満は2つ。

今年、キンタナはダブル(ジロ+ツールの2つで優勝すること)を狙ったわけやけど、ジロではデュムラン(大)に僅差での逆転を許し惜敗。ツールでは、ジロの疲労を回復させることができず、本来の力を全く発揮できず、いいとこを全然見せられず12位でフィニッシュ。トップ10にも入れんかった。それまで、2位とか3位やったのに。

この結果にチームが不満。さらに、チームは年俸としてキンタナに300万ユーロ(約3億8000万円)という高給を払っているのに、その年俸に今年の結果が見合っていないこと。

一方で、キンタナ側の不満やけど、まず今年ジロ後に、キンタナは母国に帰ってトレーニングしたかったのに、チームがそれを許さなかったことにキンタナが不満持ったとかなんとか。

さらにキンタナの父親が、息子をジロとツールの両方に出場させてダブルを狙わせたチームの狙いに、しかもそれが見事に失敗に終わったことに対して、つまり、二兎を追う者は一兎をも得ずの結果になったことに対してチーム側へ不満を持っているもよう。

あと、Movistarについては、現チームSkyの超級クライマー、ミケル・ランダと契約する可能性が高い。そうすると、バ師匠はまぁクラシック専門でええとしても、ランダとキンタナとのエース争いがチーム内で勃発するかもしれん。

ならば、キンタナを放出しようとするチーム側の意図もわからんでもない。そしてこれがまた、キンタナ側のチームへの不信感につながりそう。

ただ、チーム側から契約の早期解消を申し出た場合、違約金として600万ユーロ(約7億6000万円)という違約金を払うことになるやろうとも書いてある。

 

(2)キンタナが移籍するならトレックか、アスタナか?

キンタナが移籍するとすれば、ありうるのはトレックかアスタナ。

トレックについては先日アルベルト・コンタドールが、今年のブエルタ・エスパーニャ限りでの引退を公式に発表したから、グランツアーで総合優勝を狙える強いエースがいなくなる。そこで、キンタナ。

次にアスタナについては、これもグランツアー優勝を狙える総合エース、ファビオ・アルがUAEへ移籍する可能性が高いと言われてる。そこでキンタナ。

とまぁ、こういうことやね。

(関連する過去記事とか、1つ前・後の記事は下のほうにあるで)

[google adsense]




[wiggle]



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

これも読め
SAMTIAS 真鍮シューホーン(携帯用靴ベラ)01
お気に入り
冬のロードバイクのインナー
JBL Pebbles
人間失格
ACTIVE WINNER U-LOCK