Loading...
ニュース

(1)Scottから2018年モデルのディスクブレーキ版Foilが発表。その概要。(2)カンチェラーラのお仕事。

© Immediate Media Company Ltd. 2017 下記情報源ページより

さて、現在開催中の世界最大の自転車見本市(展示会)ユーロバイク。毎年この時期に行われる。今年もドイツのフリードリヒスハーフェンで開催中。

そこでScottが2018年モデルの新エアロロードバイクとして、人気のFoilのディスクブレーキ版を発表した。

情報源:Scott debuts the Foil Disc

(1) Scott 2018年モデル Foilディスクブレーキ版の概要

①新旧画像比較

まずこれが現在のリムブレーキ版のFoilで、「FOIL PREMIUM」の画像。

Scott Japan Inc. All Rights Reserved. 下記公式ページより

Scott公式:FOIL PREMIUM

一方、こちらが2018年モデルのFoilディスクブレーキ版の画像。

© Immediate Media Company Ltd. 2017 上記情報源ページより

さて、いくつか新型の特徴を書いていくで。

②フロントフォークが新デザインへ

パっと見て現行のリムブレーキ版とディスクブレーキ版の最大の違いは、フロントフォークの太さと形状やね。特にホイールのハブ部分に近くなればなるほどその違いが際立ってるやろ?

さらにフロントフォークについてはこんな工夫もなされてる。

© Immediate Media Company Ltd. 2017 上記情報源ページより

フォークの先端で、ディスクブレーキのフラットマウント部分を部分的に覆うデザイン。これによって空気抵抗が減りそうやろ?まさに、エアロロードバイク。

このデザインを導入したのは、UCIによる3:1ルールの緩和が影響してるようや。まぁ簡単にいえばフレームデザインを今までより柔軟にできるようになったということや。

Scottによればこの新フロントフォークによって、既存のFoilのフォークと比べると、時速40㎞で走るときに0.5wの省エネが可能になるらしい。ま、一般人には関係ない。

③リア部分の変更

Foilディスクブレーキ版では、ディスブレーキに最適化するためロードバイクのリア部分についてもちょっと微妙な変更がなされてる。

リムブレーキよりも強力なディスブレーキの制動力に耐えるため、チェーン側とは反対側のチェーンステーがやや太く、そしてより四角っぽくなった。また、チェーンステーの長さ自体もこれまでのモデルよりも5mmほど長くなったもよう。

④ケーブル処理の簡易化

これまでもケーブルはフレーム内を通す方式やったんやけど、ディスクブレーキのケーブル処理に最適化されてたわけやない。つまり、リムブレーキ版のケーブルの取り回し設計のままやと、ディスクブレーキ場合にちょっと「ん?」という違和感が生じる。

そこで、Scottは、この新型Foilではリムブレーキでもディスクブレーキでもどちらでも同じく「ぴったりと」ケーブルを配置できるような工夫がなされてる。

⑤その他

タイヤは今流行のよりワイドなタイヤが履けるようになってる。おそらく30mmまではいけるようや。標準的な推奨は28mmまでらしいけど。

スルーアクスルは前が100x12mm 、後ろが142x12mm。Syncrosという名前がついてるようやけど、実際はホイールで定評のある人気ブランドDT Swissのもの。

フレームセットの重量は、リムブレーキ版と比べてたった40g増えただけ。

(2)おまけ:カンチェラーラもユーロバイクでお仕事中。

カンチェラーラは引退後ウェアブランドGoreの広報大使になった。それで、今年のユーロバイクではGoreブースでお仕事中。

(関連する過去記事とか、1つ前・後の記事は下のほうにあるで)

[google adsense]




[wiggle]



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

これも読め
SAMTIAS 真鍮シューホーン(携帯用靴ベラ)01
お気に入り
冬のロードバイクのインナー
JBL Pebbles
人間失格
ACTIVE WINNER U-LOCK