Loading...
ニュース

2018年のロードバイクの流行・傾向は何か?技術革新とUCIルール変革の過渡期。

Sigma Sport‏  Twitterより

毎年開催される世界最大の自転車展示会であるユーロバイク(Eurobike:EB)が今年も開催され、盛大に各社から新製品&試作品&コンセプトモデルがお披露目されたブヒ。

今回は、そのEB2017において来年&今後のロードバイクにはどんな傾向・流行がみられるのかをまとめた記事のご紹介ブヒ。

2018年度のロードバイクの傾向・流行

情報源:Eurobike Trends – What’s coming to Road & Cyclocross in 2018?


(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

① さらなる速さと快適さの両立のため、「余裕のある」フレームへ

ロードバイクの2大課題。それは速さと快適さの両立。速さという観点でいえばより剛性が高く、よりエアロなフレームがいい。しかし、それは乗り心地が悪くなったり、長時間乗ってると疲れやすく、スタートしたときには速いけど、結局最後のほうは人間の体がついてこれず総合的には遅くなる、ということになりがち。

5年前あたりまではこの矛盾をフレームだけの工夫でなんとかしようとしてた。しかし、今はもう全く新しい(?)アプローチで矛盾を克服・両立するのが主流になりつつある。そしてそれは2018年モデルでもさらに拡大する。

そのアプローチとは、より幅広のタイヤを履かせること

速さという点では、細いタイヤより太いタイヤのほうが走るときの路面抵抗が少ないことが科学的に実証されてる。一方、太いタイヤのほうが空気抵抗は大きくなるはずやけど、そこはフレームやホイールとかとあわせた総合的なエアロ性能の向上で補う。

そして快適さという点では、単純にタイヤはごっついほうがぼよんぼよんして乗り心地ええからね。

そしてそういったタイヤを履けるように、タイヤ幅にとって余裕のあるフレームが主流になりつつある。

あるいは、そういったタイヤに最適化させたフレーム設計をするようになってる。下手したら細いタイヤを履かせる場合にフレームの性能(エアロ性能とか)が下がってしまう。

またフレーム自体にも、路面からの振動を吸収・減殺させる各種の技術が搭載されるようになってる。Trekとカンチェラーラによって開発されたドマーネ、スペシャライズドのRoubaix、ビアンキの新製品オルトレとかね。

②ケーブルやワイヤーの完全なる不可視化

Zipp Speed Weaponry Twitterより

近年のロードバイクではもはやケーブルやワイヤーをフレーム内部に通す方式が一般的。そして2018年にはさらにそれが進化し、できるかぎり完全にワイヤーやケーブルを外部に露出しないようにする、そんな工夫のフレームが増える。

そんなケーブル類を見えなくさせるメリットってのは、見た目がシンプルになってかっこいい。ロードバイクはそもそもシンプルなものやから、シンプルにすればするほどより洗練された見た目になるのは当然やからね。

実際の性能面では、空気抵抗の低減、泥・水・道路上の石などからケーブル類が保護されるためケーブル類の耐久性・持続性が向上などがある。

さらにそもそもSRAMのeTAPのように変速を完全にワイヤレスにしてしまえばそもそもワイヤーが必要なくなる。ただ、ワイヤレスは変速機能だけやから、ブレーキのワイヤーは必要なままやけどね。

そのうちブレーキまでワイヤレスになるんやろか。さすがに無線通信という手段でのワイヤレスにはならへんと思うけど、それ以外の革新的な発想でワイヤレスになったりするんやろかね。

③ディスクブレーキの普及、フラットマウント方式、12mmスルーアクスル

ShimanoROAD Twitterより

そしてディスクブレーキの普及。これはもう言うまでもないけどね。

レースはいろいろルールがあるからアレやけど、アマチュアでは絶対ディスクブレーキのほうがええからね。だってブレーキ楽やし。長い下りとか雨の日とか。絶対的に安全や。

長い下りやと握力の弱い人、女性とかはつらいからね。ま、ディスクブレーキのほうが楽やからいうて油断してたらアカンってのは当たり前やけど。

デメリットはメンテナンスがちょっと面倒になることと、輪行の時にちょっとひと手間増えること?でもま、レースじゃなけばホイール外すときの手間が十秒増えようが関係ないやろ。

で、ディスクブレーキのフレームへの設置方法はシマノ提唱のフラットマウント方式が一般的になってきた。

このフラットマウント方式ってのは、ようするにフレームに直接ディスクブレーキをつけらられる方式のこと。フレームにぴったりと寄り添えるよう見た目上もキレイに取り付けられる方式や。

この方式以前は、まずフレームに「ディスクブレーキ設置のための台座」をつけてから、その台座にディスブレーキ装置をつけてたんや。それやと台座という余計な部品が増えるから重量的に不利やし、そもそもできるだけ余計な部品つかわないほうがええってのは自転車に限らずどんな製品でも同じやろ。また、この台座をつかうと、フレームから、ちょっと飛び出す部分があったんや。そうなると空気抵抗が増えることになる。

というわけで、フラットマウント方式のほうがええんよ。
そんで、ディスクブレーキを使う場合、ホイールの固定のために今まであった普通のクイックリリースの棒は使えへん。レバーがあって、レバーを引き起こして操作するタイプのやつね。

ディスブレーキは普通のキャリパーブレーキよりも制動力が高い。それはすなわちフレームとか、ブレーキ本体の周辺部分にも加わる力が増大することを意味する。せやからディスブレーキを採用するロードバイク、特に最新のバイクはディスブレーキ専用に設計されたフレーム&フォークを採用してたりする。

この増大した力に対応するには、これまでの普通のクイックリリースでは力不足なんや。

そこでディスクブレーキを使う場合は、専用の棒であるスルーアクスルを使うことになる。その棒の幅についていくつか規格があったんやけど、それが12mmというサイズに収束しつつあるってこと。


(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

④ディスクブレーキの安全性とエアロ効果の向上

ShimanoROAD Twitterより

ディスクブレーキの刃であるローターの安全性(危険性)にはこれまでごちゃごちゃ言われ続けてる。でも、実際は高速で回転してるローターを指で触っても怪我せーへん。YouTubeとかにもそれを実際にやってる動画あるから見てみ。

もちろん100%の安全なんてそんなもん世の中にあるわけないから、怪我しない場合がないとは言われへんけどね。

それになんだかんだで、シマノをはじめ各社がディスクブレーキを売るために安全性の向上には工夫や努力を重ねてきたから、普通にもう安全よ。

ディスクブレーキによる空気抵抗に増大という懸念についても、各社が工夫を凝らしてその軽減に取り組んでる。その結果、下手(?)したら、ディスブレーキのほうがエアロ性能高かったりすることもあるぐらいや。上述のようにフレームなどもディスブレーキを使うことに特化・最適化させた設計になってきてるからね。

⑤エアロロードバイクの一般化

Cervélo Twitterより

あとはこれ。情報源の記事には書いてないんやけど、個人的にこれを書いとく。

UCIのフレームに関する3:1ルールが変更され、フレーム設計に自由度が増えた。これまでに比べるとちょっとだけ、という程度やけど。

というわけで、これまでルール的に無理だった設計ができるようになった。そこでエアロロードバイクの設計や!というわけやね。タイムトライアルバイクの発想・技術を取り入れることやね。

これは2018年だけでなく、今後数年間の特徴・主流になると思う。

せやから、これからロードバイクを買おうと思ってる人は、エアロロードバイクを買えばええと思うよ。

ワシは昔ながらの保守的なフレームのバイク、時代遅れなバイクしか持ってないから、欲しいわ。誰かプレゼントしてくれへん?君らボーナスが出るようなええ会社に勤めてるやろ?小切手送ってね(はぁと)

(関連する過去記事とか、1つ前・後の記事は下のほうにあるで)

[google adsense]




[wiggle]



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

これも読め
SAMTIAS 真鍮シューホーン(携帯用靴ベラ)01
お気に入り
冬のロードバイクのインナー
JBL Pebbles
人間失格
ACTIVE WINNER U-LOCK