チームSkyがキャノンデール・ドラパックからDylan van Baarleを獲得か?

From fi’zi:k‏ Twitter

キャノンデール・ドラパックの有望な若手Dylan van Baarleを、チームSkyが獲得しようとしているもよう。しかも契約完了間近のようや。

情報源:Team Sky reportedly close to signing promising Cannondale-Drapac rider

Dylan van Baarleは、今年のツール・ド・フランスでは新人賞ランキングで10位。オランダ人のクラシックスペシャリスト。

そして、2014年のツアー・オブ・ブリテンでは総合優勝した選手。当時の所属チームはガーミン・シャープ。この時の総合順位の2位がクヴィアトコウスキー、そして3位がブラッドリー・ウィンギンスというすごいメンツ。

情報源記事によれば、Dylanとキャノンデール・ドラパックとの契約は、2018と2019年までの次の2年間延長するでと以前発表されてたようやけど、実は書類での正式な延長ではなく、口約束程度だったようやね。

で、その事情に加えて、キャノンデール・ドラパックの消滅危機問題があったわけで、そのごたごたあったときにDylanは違う未来を求めていたようやね。

このDylan van BaarleのチームSkyへの移籍が確定すれば、チームSkyとしては来期に向けての7人目の移籍契約獲得となる。

(関連する過去記事とか、1つ前・後の記事は下のほうにあるで)

[google adsense]



[wiggle]



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください