Loading...
ニュース

来年のツール・ド・フランス2018は石畳が復活か?

毎回登場するたびに議論が沸き起こるのがグランツールでの石畳セクション。春先のガチンコサバイバルレースであるクラシックレースではお馴染み・名物のアレ。

その石畳セクションが2018年のツールで再登場するかもとの噂がある。

過去記事:2018年ツール・ド・フランスはグラベルが登場か?

この件に関しては上の過去記事でもネタにしたけど、今回はその続報や。

情報源:Tour de France 2018 could return to the cobbles

石畳区間が登場するかもという噂がなぜ発生してるのか?その理由は、フランスのコンピエーニュ(Compiegne)という街を出発するステージがあるからや。そのステージは第9ステージなんやけど、このCompiegneという場所は実は、ロードバイクファンにはお馴染みでめっちゃ重要な街やねん。

なんでかというと、このCompiegneは実は、地獄の日曜日、クラシックの女王、北の地獄こと、パリ~ルーベの出発地点やねん。昔は名前のとおりパリが出発地点やってんやけど、1968年に「Compiegneに変更するで」と決定された歴史がある。そしてパリ~ルーベといえば石畳&未舗装路が名物(地獄)。

そんなCompiegneが2018年ツール・ド・フランス第9ステージ(7月15日の日曜日)での出発地点なもんやから、そらそうなるよ。

なお第9ステージのゴール地点はまだ不明。

ツールでの石畳自体は近年はちょこちょこ登場してる。直近やと2015年のツールでも登場。このときのステージではトニー・マルティンがステージ優勝し、イエロージャージを纏った。

来年のツールのコース全貌・詳細は来月の10月17日にパリで発表されるから、それまでは詳細は不明。

なおすでに発表ずみの、来年のツールのスタート地点についてはこの記事をどうぞブヒ。

過去記事:2018年ツール・ド・フランスのスタート地点発表。フランス西部のペイ・ド・ラ・ロワール地域圏。


(関連する過去記事とか、1つ前・後の記事は下のほうにあるで)

[google adsense]




[wiggle]



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

これも読め
SAMTIAS 真鍮シューホーン(携帯用靴ベラ)01
お気に入り
冬のロードバイクのインナー
JBL Pebbles
人間失格
ACTIVE WINNER U-LOCK