Loading...
ダイエット・食事・トレーニングニュース

UCIのトラックレースで入賞するには何ワットの出力が必要か?

From Six Day Twitter

今回はちょっとしたUCIトラックレースでのデータのご紹介。

情報源:Watts generated by 66kg Irish rider to make UCI race podium

アイルランドのFelix Englishという選手が、最近UCIのトラックレースの1つで表彰台に上った。そのデータが公開されてる。

このレースはオムニアム形式のレースで、Brnoという場所で行われたUCI GP Favoriというレース。

オムニアム形式のレースってのは、トラック競技における4つの種目をまとめてやるレースのこと。陸上でいうと、8種競技みたいなやつ。トライアスロンみたいなやつともいえる。複数の異なる競技を同時にやるというもの。

Felix Englishはジュニア時代からトラック競技の超実力派で名を馳せ、実績を残してきた超有力選手。かつては、Rapha Condor-Sharpにも所属してた。

Felix Englishは決して大柄な選手ではなく、トラックレースのプロとしては小柄。体重は66㎏しかない。ま、身長は177㎝あるんやけど。日本人からすれば大きいけど、あっちはバケモノそろいの世界やしな……。

そのレースでFelixが使ってたギアは54×15。

というのを頭にいれて、情報源記事のデータを読んでみて。英語やけど、データなんてグラフと数字だけみればええだけやし、それに文章じゃなくて単語だけでわかると思うし。がんばって。

なお1部分だけデータを紹介しとくと、情報源記事ではこう書いてある。

Points race
3rd overall
Distance – 25km
Time – 32:42
Normalised power – 348 Watts
Power – 290 average, 1332 max
Cadence (rpm) – 108 average, 147 max

ワシはアホやから分析とかできひんし、紹介だけしとく。ただ、おかしなことやっとるというのはわかる。

あとのことは頭のええ君らにまかせたで。

おまけ:若かりし日のサガン

(関連する過去記事とか、1つ前・後の記事は下のほうにあるで)

[google adsense]




[wiggle]



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

これも読め
SAMTIAS 真鍮シューホーン(携帯用靴ベラ)01
お気に入り
冬のロードバイクのインナー
JBL Pebbles
人間失格
ACTIVE WINNER U-LOCK