Loading...
ニュース

キンタナがランダに対してチーム内の関係について発した忠告とは?

From NairoQuinCo‏ Twitter & Team Sky Twitter

チームSkyからモビスターへ移籍することになった、超級クライマーのミケル・ランダ。新しくナイロ・キンタナのチームメイトになる。

そこでキンタナはキャラがかぶるランダに、ちょっとした忠告を発した。優しいっすねー。

情報源:‘Everyone has their place, and I’m the team leader’: Nairo Quintana welcomes Mikel Landa to Movistar

From Landa Meana‏ Twitter エウス・カルテル時代のランダ

スペインの新聞紙 El Paisによるキンタナへのインタビューで、キンタナはこう語った。

“Eusebio [Unzué, the Movistar manager] made the signing, and everyone will have their place,”

訳「チームと契約したからには、チームの一員としてふさわしい役割を果たすことになる」

この発言の重要ポイントは、「チームの一員」としてという部分。チーム内の序列・地位と言い換えてもええ。

“As the team leader that I am, Landa is well received.

訳「チームリーダーであるワシは、ランダを大歓迎やで」


(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

この発言の重要ポイントは、「チームーリーダーである」とわざわざ発言してることや。あくまでキンタナがリーダーであり、ランダはキンタナをサポートするためのアシストや、と言うてるわけ。

あくまでリーダーはキンタナ。ランダの役割は、そのキンタナのプレッシャー、ストレス、疲労などを軽減すること、キンタナが出ないレースでもチームを目立たせる活躍をすること。この点を明言したということ。

もしランダがモビスターのリーダーとして君臨したいという願望を持っているならば、この発言で、「くだらないことを考えるな。わきまえろ」と釘を刺されたことになる。ただ、いうてもキンタナはまだランダと話したことないらしい。

ま、キンタナはこう思っててもランダがどう思ってるしらんし、ほんまにチームから言われたとおり動くかどうかなんてわからんけどね。

From alejandro valverde Twitter

さて、モビスターにはキンタナ、ランダ以外にも、もう一人のチームのエースであり、世界のロードレースファンのアイドル(芸人)でもあるスーパーヒーローがおるやん?

そう、みんなの師匠ことアレハンドロ・バルベルデ。通称、バ師匠。今年はツールの初日の個人TTで落車し、まさかの初日骨折リタイア。その後ずっと治療・静養に努め、秋あたりからようやく自転車に乗ってトレーニングしはじめた。

そんなバ師匠は、来年もキンタナ、そしてランダと矛盾するような関係にはならへん。というのも、バ師匠の来年の目標は、ツールではなく、ジロ・デ・イタリアとブエルタ・エスパーニャ、そして世界選手権やから。

来年の世界選手権は今年より登りが多くなるから、サガンにとってはより厳しくなる。しかしそれはバルベルデには好都合。さすがに平地や緩斜面でのスプリント能力という点では、いくらスプリント力があるバ師匠でも、それはあくまでクライマーの中ではというだけであって、ガチの超一流スプリンターとやりあえるサガン相手では、どうしようもないからね。登りは厳しいほうがええ。

(関連する過去記事とか、1つ前・後の記事は下のほうにあるで)

[google adsense]




[wiggle]



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

これも読め
SAMTIAS 真鍮シューホーン(携帯用靴ベラ)01
お気に入り
冬のロードバイクのインナー
JBL Pebbles
人間失格
ACTIVE WINNER U-LOCK