Loading...
ニュース

(1)BMCがチームの規模を縮小へ (2)ピーター・サガンに子供が生まれる。

From BMC Racing Team‏ Twitter

ネタを2つまとめて。プロチームBMCが、チームのサイズを小さくしたことを発表したこと、そしてピーター・サガンに第一子誕生。

(1)BMC、2018年度はチーム規模を縮小

From BMC Racing Team‏ Twitter 

情報源:BMC reduce rider roster to 24 for 2018 season

アメリカ国籍のプロチームBMC(もちろん自転車メーカーとしてのBMCはスイス国籍)は、2018年から選手を29人から24人へ縮小することになった。

これはキャノンデールみたいな財政難とかというわけじゃなくて、UCIの決定により2018年から1つのレースにおけるチームあたりの出場選手が減らされるから、つまりプロトンのサイズが縮小されるから、それに合わせての措置や。この点は以下の過去記事を読んでおくれブヒ。

過去記事:UCIは来年から1チーム7人制へ選手の数を減らす方針か?グランツールは8人制へ?

レースに出られる人間が少なくなるので、チーム所属の選手もこれまでよりは少なくてええ。

チーム規模の縮小という点では、デュムラン(大)のプロチームSunwebや、ガビリアのQuick Stepも同様の発表をしてる。それぞれ27→24、30→24という減少。

このチームサイズ縮小というのは上述のようにUCIの決定によるものやけど、そんな重要な決定がいきなり決まるわけちゃうし、プロ選手を代表する団体や各プロチームとの話し合いを何度も時間をかけて行ったうえでの決定やろう。

さらに選手の移籍どうこうにも関係する問題やろうから、だいぶ前からチーム側・選手側も各チームのサイズ縮小は承知済み。

せやからみんな最初からそんなことは予定したうえでいろんな契約をしてるから、別にとりたてて公式に「チームの人数減らしたでー」と発表する意味はさほどないと思うわ。

いくつかのチームは発表してるけど、逆にそれ以外のチームは発表してないわけで。ま、そのうち全チームが発表するんかもしれへんけど、せーへんチームもあるかもしれへんね。

さて、クラシックのヒーローとして去年のリオ五輪の金メダル獲得で一気に覚醒した感のあるGVAを筆頭に、BMCは今年48勝を挙げた。チーム別ワールドツアーランキングは、今年は3位と健闘。これは昨日ネタにした。

過去記事:今年のUCIワールドツアー年間王者が決定。


(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

BMCの2018年度の選手は次のとおり。

Alberto Bettiol
Patrick Bevin
Tom Bohli
Brent Bookwalter
Damiano Caruso
Rohan Dennis
Alessandro De Marchi
Jempy Drucker
Kilian Frankiny
Simon Gerrans
Stefan Kung
Richie Porte
Nicolas Roche
Jurgen Roelandts
Joey Rosskopf
Michael Schar
Miles Scotson
Dylan Teuns
Greg van Avermaet
Tejay van Garderen
Nathan van Hooydonck
Francisco Ventoso
Loïc Vliegen
Danilo Wyss

【関連過去記事】

UCIは来年から1チーム7人制へ選手の数を減らす方針か?グランツールは8人制へ?

UCIが2018年度ワールドツアーロードレースの日程を発表。

UCIの新会長「世界選手権のチームタイムトライアルは廃止な」

(2)ピーター・サガンの第一子誕生

本人ツイッターより。

子供の名前はMarlon。性別はオス。母子ともに超健康。

(関連する過去記事とか、1つ前・後の記事は下のほうにあるで)

[google adsense]




[wiggle]



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

これも読め
SAMTIAS 真鍮シューホーン(携帯用靴ベラ)01
お気に入り
冬のロードバイクのインナー
JBL Pebbles
人間失格
ACTIVE WINNER U-LOCK