Loading...
ニュース

2018年度ジロ・デ・イタリアのコースが部分的にリーク。TT2回にゾンコランの頂上ゴールなどが登場。

アルベルト・コンタドール

来年のジロ・デ・イタリアの概要と全コース情報などは今月末、11月29日にイタリアはミラノで発表される予定やけど、それに先駆けて地元メディアが一部の情報をリークしてる。

 

情報源:Giro d’Italia 2018 route: Two time trials and Monte Zoncolan summit finish for 2018 race

 

ジロ・デ・イタリア
From Giro de Italia Twitter

 

来年のジロは5月4日にイスラエルのエルサレム旧市街地でスタートする。グランツール史上初のヨーロッパ外でのスタートとなる。

 

2018ジロはTTが2回となるもよう。1回目はイスラエルのエルサレムで行われるTTで10.4㎞。そして2回目はレース第3週目に行われるイタリアTrentoからRoveretoへの34.5㎞(?)。この2回目のほうが距離が長く、そしてレース最終盤で疲労が蓄積された中で、さらにプレッシャーがかかる中でのTTとなるから、当然こっちのほうが難易度が高く、総合成績にとって非常に重要や。


 

来年のジロの1つのポイントが、チームSkyのクリス・フルームが参戦するかどうか。ただ今年のキンタナも大失敗したけど、ジロを終えて連続でツール・ド・フランスに出るというのは、なかなかにしんどい。だからこそ「ダブル」は歴史的な価値があるわけやけど。一方で、ドュムラン(大)と同様にTTで強さを発揮できるフルームはTTの距離が長ければ長いほうど有利。この2回目の34.5㎞という距離はフルーム向け。ひょっとしたら、ジロ主催者RCS Sportは、フルーム参戦を誘うためにさらにTTの距離を長くさせるかも?あるいは、チームタイムトライアルも含めてTTの回数を増やすかもね。まぁ憶測やけどね。

 

ジロ・デ・イタリア
From Giro d’Italia‏ Twitter

 

山頂ゴールについては、イタリアの有名な山 Etna、Zoncolan、Finestreなどが登場予定。Etna山は今年の夏に噴火したばかりやけど大丈夫なんかいな?このEtna山の登りコースについてはこれまでジロでまだ登場したことのないコースを使うらしいで。なんかヤバイコースが期待できそうやね。

 

今年のジロは100周年記念大会やったけど、来年はそんな記念すべき年じゃないからジロ全体のコース設定はいろいろ自由にやれそう。そこでコース設計はある意味今年よりもおもしろくなるかもね。来年はトイレの用意あるのかな?

 

 

関連する記事一覧は下のほうにあるで。

 

(関連する過去記事とか、1つ前・後の記事は下のほうにあるで)

[google adsense]




[wiggle]



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

これも読め
SAMTIAS 真鍮シューホーン(携帯用靴ベラ)01
お気に入り
冬のロードバイクのインナー
JBL Pebbles
人間失格
ACTIVE WINNER U-LOCK