Loading...
ニュース

来年カヴェンディッシュは、パリ~ルーベでの成功を狙う

Mark Cavendish

今年は残念なシーズンとなったカヴェンディッシュ。来年はツールはもちろん、パリ~ルーベで成功できる自信があると発言。

 

情報源:Mark Cavendish eyeing Paris-Roubaix success in 2018

 

ロードレース界で圧倒的栄光を誇るレースといえば、ロンド・ファン・フランデレン(フランドル)と、北の地獄ことパリ~ルーベ。そのうち、フランドルについては登りがきついためスプリンターには無理すぎるけど、パリ~ルーベは平坦基調やから可能性はある。そして、カヴェンディッシュはパリ~ルーベについては、能力的に好成績を収める可能性は十分あるとふんでるようや。


 

 

 

カヴェンディッシュは情報源記事でこう述べる。

 

“I’d absolutely like to ride it [Paris-Roubaix] again, the race was cool and I get the opportunity with Team Dimension Data so I’m looking forward to it,”

 

訳「ホンマ、もう一度パリ~ルーベに出たいわ。めっちゃおもろいし、今のチームなら可能性あるで。せやからめっちゃ楽しみやわ」

 

もう知っての通り、来年のツールではパリ~ルーベのコースの一部が使用される。石畳&未舗装路がツールに再び登場する。したがって、パリ~ルーベを走ることとは純粋にツールのための予習ともなる。来年のツールのその石畳コースについてカヴェンディッシュはこう言う。

 

“It does suit the group of guys that we will have around me, so it’ll definitely be the goal to do a good ride but to think it is easy to go out and win just one stage is crazy. It is still the Tour de France,”

 

「来年のツールのそのコースは、ワシのチームには都合がええと思う。明確な目標とすれば上手く走れたらええなという程度のもんやけど、でもそう簡単にいくと思ったり、簡単に1つのステージで勝利できると思ったらそれはおバカさん。なんやいうてもツール・ド・フランスなんやで。そらもう必死のパッチよ」

 

ちなみに、カヴェンディッシュのチーム、ディメンションデータには今年クイックステップだった、Julien Vermoteが移籍する。ベルギー人でクラシックに強い。クイックステップでクラシックの経験を積んだ若者が、カヴェンディッシュのチームメイトとなる。この点も、カヴェンディッシュがパリ~ルーベで、そしてひょっとしたらツールのその石畳コースでの成功を収める鍵となるかもしれへんね。

(関連する過去記事とか、1つ前・後の記事は下のほうにあるで)

[google adsense]




[wiggle]



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

これも読め
SAMTIAS 真鍮シューホーン(携帯用靴ベラ)01
お気に入り
冬のロードバイクのインナー
JBL Pebbles
人間失格
ACTIVE WINNER U-LOCK