Loading...
ニュース

黒じゃないだと!?チームSkyが来年度のジャージを公開。

team sky 2018ジャージ

チームSkyが2018年で着用するジャージを公開。

 

チームSky公式:Team Sky unveil new kit for 2018

 

 

昨日の記事では、チームSkyが2018年度から着用するオフレースウェア(レース外での普段着)を提供するスポンサーが、アンダーアーマーからヘンリー・ロイドへ変わったことを紹介したブヒ。覚えてるブヒ?

 

え?昨日のことも覚えてない?痴呆症かな?

 

過去記事:チームSkyが新しいスポンサーを獲得。ヘンリー・ロイドがオフレースウェアを提供へ。


 

背面はこんな感じ。

 

チームsky2018ジャージ
上記公式サイトより

 

正面からはこんな感じ。

 

チームsky2018ジャージ
上記公式サイトより

 

一方、白ジャージといえば今年のツール・ド・フランス限定で特別デザインのジャージを着用してたけど、それはこんなんやった。

 

チームSky2017ツール限定ジャージ
チームSky公式サイトより

 

パっとみて、大きな違いは胸のロゴ部分やね。今年のツール限定ジャージよりちょっとカラフルになった。ちょっと手抜き感が少なくなった。でもなんか、微妙に手抜き感を覚えるのはいっしょやね。もうちょっとこう、なんとかならへんのやろか。Sky標準の黒ジャージだとそんな印象はだいぶなくなるんやけどね。白やと急に手抜きっぽくなるブヒねぇ……。

 

なんでそんな印象になるかと考えると、やっぱりアレやね、Skyのロゴがアカンからやね。あのロゴが特徴ある書体デザインやけど、あまりにも丸っこすぎるんやね。もうちょっときっちりした格式高い・お堅い書体やったらジャージのロゴ部分が引き締まって見えるんやと思う。

 

そのロゴ以外は特にどうこういう変化はないね。

 

もちろんウェア提供はカステリ社。同社は少なくとも2019年が終わるまではチームSkyのスポンサーのままの予定。せやから再来年もカステリやろね。

 

上記公式サイトで、チームのえらいさんDave Brailsford はこう言うてる。

 

“We initially changed to white jerseys for the Tour de France last summer, and it was the feedback from riders and the response from our fans that inspired us to go white for the 2018 season.

 

訳「もともとは今年のツール・ド・フランス限定で白ジャージを用意したわけやけど、選手からの意見とファンの反応が良かったから、チームとしては2018年度のジャージは白でいくことにしたで」

 

というわけで、これまではあの悪の軍団を思わせる黒色ジャージがメインやったけど、来年度は心機一転、白色ジャージが基本となる。となると、ひょっとしたらこれまでと逆に特定のレース用限定で登場するジャージが、黒になるんかな?あるいは、黒じゃなくて、この白ジャージで使われてるロゴ部分の水色を全体に使った水色ジャージが登場するんかな?どうなんやろね。

 

 

(関連する過去記事とか、1つ前・後の記事は下のほうにあるで)

[google adsense]


[wiggle]



 

過去記事:カステリ&チームSkyがツール・ド・フランス特別仕様ジャージを発表。イメージがガラっと刷新。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

これも読め
SAMTIAS 真鍮シューホーン(携帯用靴ベラ)01
お気に入り
冬のロードバイクのインナー
JBL Pebbles
人間失格
ACTIVE WINNER U-LOCK