Loading...
ウェア・シューズ・バッグ・グッズ類ニュース

ロードバイクのジャージは派手なほうが事故に遭いやすく危ない

蛍光色ジャケット

ロードバイクと安全。これは永遠のテーマ。そしてロードバイクのウェアについては、明るい色・目立つ色のほうが安全だという安全神話がまことしやかに語られてきた。

 

しかし、最新の研究調査によって実は、ジャージの色と安全は無関係やと判明、というショッキングなニュースをご紹介。

 

情報源:Cycle safety in a spin as study warns hi-vis gear may increase injury risk

 


 

蛍光色のジャージと、真っ黒なジャージでは安全面では差がない?

 

①英国紙タイムズの記事とその背景

 

 

今回の情報源は、英国の保守系高級紙タイムズの日曜版、サンデータイムズ紙。実はサンデータイムズがそんな記事を掲載したのにはちょっとした経緯がある。

 

日本では全く報道されてへんけど、英国政府は自転車乗りに対して、ヘルメットと蛍光色のウェアという2つのアイテムを装着するのを義務付けようと検討してるんや。英国の自転車乗りにとっては「大きなお世話や!ほっとけや!」という感じやろうけど、逆にいえば、政府がそんな政策に乗り出さなアカンほど、自転車人気が沸騰してる……かどうかは知らんけど、とにかく自転車を普段から利用する人間がめっちゃ増えてるという社会的な現実がある。

 

この英国での自転車人気の増加ってのは、明確にデータでも実証されてて、ロンドンの通勤・通学時間における自転車の走行台数が数倍じゃ済まないレベルで急増してるってのがある。それにインフラも社会制度も追いついていないのが現状。

 

というわけで、自転車ファンにとっては走ってる自転車の数が増えて=同士が増えてうれしいという反面、政府の過剰な政策はうっとうしいという、いわば痛しかゆしという心境やろね。たぶん。いやまぁ知らんけど。

 

とまぁ、政府のそういう方針があるわけ。それで、サンデータイムズとしては、その政府方針には「ヘルメットと蛍光色ウェアが安全につながるかどうか、証拠があるのか」という問題提起なわけやね。

 

そしてまた、同じ英国の一般誌The Telegraphもサンデータイムズのこの記事を引用してる。

 

参考リンク:The Telegraph ”Cyclists’ high-visibility jackets ‘increase odds of crash’”


 

②内容

 

で、サンデータイムズの記事では、Nottingham University Hospitals NHS Trust という研究機関とNottingham Universityという大学の共同研究調査の結果が掲載されてて、76件の自転車の事故について調査した結果が書いてある。

 

その内容は、たとえ目立つ色の上着を着てた場合でも、黒色の上着と比べて事故率に差ないどころか、逆に蛍光色着てたほうが事故率上がる可能性あるで!とまで書いてある。ただし、あくまで76件という少ない事例の調査の結果やから、どこまで正確なのかは注意せなアカンでとも書いてる。

 

なんでそんな奇妙な結論になるんやといえば、記事では、「ひょっとしたら、派手な服きて目立ってるから油断して、車と衝突しやすい位置を走ってたんかもしれへん」と書いてある。なるほどねぇ!

 

そして、上記The Telegraph紙もこのサンデータイムズ紙を引用してるんやけど、The Telegraph紙はさらにデンマークで7000人近くを対象に行われた研究調査の結果についても書いてある。そのデンマークの研究は7000人近くを対象にして行われたもので、その結果、蛍光イエローのジャケットを着ている場合は、そうじゃない場合と比べて47%、事故が減少したようや。なかなか効果ありますねぇ!

 

もちろん、政府方針に反対する自転車乗りたちは、以下のように政府を批判する。

 

「安全な装備を着用することで、それを過信し、それによって油断し、逆に自転車乗りもブーブー乗りも両方とも安全意識が弱まる」

「この方針は、アホなドライバーや道路の欠陥という重大な脅威から目をそらさせるための陰謀や!」


 

③別の研究結果など

 

ま、とりあえずタイムズ紙は、政府方針に反対なんかな?この姿勢は、タイムズ紙の読者層=インテリ保守層(金持ち層?)の考え方を反映してるんかもね。

 

一方、今回の調査結果とは別のネタもある。

 

たとえば、下の参考リンクの記事では、上下に派手な蛍光色を着用した場合の調査結果が書いてある。

 

参考リンク:Want drivers to see you? Wear fluorescent leggings, says new study

 

この調査では、上半身のジャージもそして下半身のタイツも両方とも蛍光色で統一。そしたら、この場合は「目立ちやすさ」、つまり周囲の注意を引く効力が劇的に向上したと書いてある。

 

その理由としては、人間の本能?性質にある。つまり、下半身の脚という上下に頻繁に動くものに人の目が吸い寄せられやすいいう性質やね。せやから、上半身みたいにあまり動かへんものを派手にしても効果がないということ。

 

しかし、これまたもう1つ別の研究では、ブーブーを運転する人間のうち、人間のクズみたいなドライバーが必ず1%から2%からおって、そいつらは自転車乗りがどんな派手な格好してようが、絶対に危険な運転をしかけてくるとのこと。油断は禁物やな。

 

(関連する過去記事とか、1つ前・後の記事は下のほうにあるで)

[google adsense]


[wiggle]



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

これも読め
SAMTIAS 真鍮シューホーン(携帯用靴ベラ)01
お気に入り
冬のロードバイクのインナー
JBL Pebbles
人間失格
ACTIVE WINNER U-LOCK