Loading...
ニュース

2018年度のUCIワールドツアープロチームの一覧

UCI

UCIによって正式に承認されたワールドツアープロチームはこうなる。( )内は登録された本拠地。

 

  1. Ag2r-La Mondiale(フランス)
  2. Astana Pro Team (カザフスタン)
  3. Bahrain-Merida (バーレーン)
  4. BMC Racing Team (アメリカ)
  5. Bora-Hansgrohe (ドイツ)
  6. Dimension Data (南アフリカ共和国)
  7. EF Education First-Drapac p/b Cannondale (アメリカ)
  8. Groupama-FDJ (フランス)
  9. Lotto-Soudal (ベルギー)
  10. Mitchelton-Scott (オーストラリア)
  11. Movistar Team (スペイン)
  12. Quick-Step Floors (ベルギー)
  13. Team Katusha-Alpecin (スイス)
  14. Team LottoNL-Jumbo (オランダ)
  15. Team Sky (イギリス)
  16. Team Sunweb (ドイツ)
  17. Trek-Segafredo (アメリカ)
  18. UAE-Team Emirates (アラブ首長国連邦)

 

以上、全部で18チーム。これは今年の2017年度と同じチーム数。

 

本拠地として意外に知られてないというか、イメージとちょっと違うのがカチューシャやね。たしかにちょっと前までロシア本拠地やったけど、現在はスイス。来年もスイス。あとはBMCはスポンサーであるBMCがスイスやけど、登録はアメリカ。このへんは重要な市場やマーケティングとかの都合もあるんかもね。知らんけど。

 

あと、知ってのとおりチーム解散問題でアメリカの政財界をも巻き込んで揺れに揺れたキャノンデール・ドラパックやけど、ちゃんと大口の大スポンサーと複数年契約を結べてハッピーエンド。チーム正式名称は長ったらしい名前になったけど、ま、良かった良かった。

 

でもこれからなんと呼べばええんやろ。やっぱりキャノンデール?EF?このブログでもどう表記しようか悩むわ。右に倣えで、他のメディア・ブログでの表記で多いのをパクろうかと思うけど、うーむ。おまえら会話でどう言う?ドラパック?

 

スポンサーの関係で名前が変わったのが、他にもMitchelton-ScottとGroupama-FDJ。前者はオリカがスポンサー契約終了したので、同じオーストラリア企業でワイン会社のMitchelton(ミッシェルトン?)という会社がスポンサーに。また、FDJはも新スポンサーを獲得し、ちょっと名称変更。このFDJについては過去記事でネタにした。

 

FDJが新スポンサーを獲得!チーム名も「Groupama-FDJ 」へ。予算も激増!?

 

各チームのチームジャージのデザインについてもちょこちょこ記事にしたので、またテキトーに見といて。

 

カヴェンディッシュが2018年度版ディメンションデータのチームジャージを公開。

EF Education First Drapac Cannondaleが2018年チームジャージのデザインを公開

プロチームLotto-Soudal(赤ロット)が2018年チームジャージのデザインを公開。ポップな感じへ。

プロチームAg2r La Mondialeが2018年度のチームジャージを公開。ちょっとシンプル&レトロへ。

黒じゃないだと!?チームSkyが来年度のジャージを公開。

クイックステップが2018年度チームジャージを公開。

ピーター・サガン擁するBoraも2018年度チームジャージを公開。来年の目標は?

BMCが2018年版チームジャージと、アーベルマートのTeammachine SLR01 Discを公開

プロチームSunwebとBaharin-Meridaの2018年度チームジャージ公開。Sunbwebは安定の・・・・・・

 

さて、2018年度はどんなシーズンになるかね。ていうか、あと1か月したらシーズン開幕やで……。早すぎやろ。

 

来年に気になるのは、

 

  • ジロのイスラエルスタートがどうなるか
  • ツールの石畳・グラベルロード
  • 春のクラシックでのサガン、GVA、ジルベール、バ師匠、クヴィアトなど
  • サルブタモール問題の影響で、来年のフルームが勝てなくなるのか?
  • モビスター内で、ミケル・ランダが内紛を勃発させるか?
  • 重要なレースでトレック・セガフレードは勝てるのか?(目立てるのか?)
  • 世界選手権における、サガンとニバリ、そしてスペイン勢のやらかしがあるのかないのか
  • カヴェンディッシュ、ユアン、キッテル、ガビリア、グライペルなど豪華スプリンター対決
  • スポンサー撤退でヤバくなるチームはどこか
  • UCIによるプロトン縮小方針の影響(チーム人数の減少)とチームSkyの支配力
  • デュムランvsフルーム
  • 新世代の台頭はあるのか
  • 2019年度に向けての移籍市場。ゲラント・トーマスなど。
  • これまで自転車業界にあまり関わりがなかった企業の参入やスポンサー契約
  • 業界内のM&A、倒産とか
  • ディスクブレーキや、ワイヤレスコンポ、28cタイヤの発展、普及

 

などかな。

 

(関連する過去記事とか、1つ前・後の記事は下のほうにあるで)

[google adsense]



[wiggle]



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

これも読め
SAMTIAS 真鍮シューホーン(携帯用靴ベラ)01
お気に入り
冬のロードバイクのインナー
JBL Pebbles
人間失格
ACTIVE WINNER U-LOCK