Loading...
ニュース

ファビオ・アルに逃げられたアスタナの来年のエースは?

アスタナ

今年絶対的エースだったファビオ・アルにUAEへと逃げられ、怒りに震えたヴィノクロフ大佐。

 

そんな大佐が率いるプロチームのアスタナは、来期誰がエースになるのか?

 

 

情報源:Lopez extends with Astana, to lead team in Giro d’Italia

 

まず、23歳の期待のホープ、Miguel Angel Lopezがアスタナと契約を更新した。

 




 

Lopezは、これまで2回しかグランツールで走ったことない。去年と今年のブエルタ。去年は途中で落車リタイア。でも今年のブエルタでは2勝して、総合8位入賞。まさにアルの次を担う総合エースの期待がかかる若手。なお、コロンビア人やから、キンタナ村長の系譜となる。

 

そして、Lopezについてヴィノクロフはこう言う。

 

“He already did the Vuelta a España, and, speaking of the Giro and the Tour, he has to try at least to make his debut in these races.”

 

訳「Lopezはすでにブエルタ走ったからのぉ。ジロとツールについては、それらのレースでデビューできるようとにかく頑張らなあかんな」

 

というわけで、シーズン前半をしっかりと走って好調ぶりを見せれば、ジロかツールを走る可能性が高い。

 

一方で、もう1人の総合エース、フグルサング(32歳)はというと、チームはTwitter上で、ツールのエースになることを発表ずみ。よって、何もなくシーズン前半を乗り切れば、フグルサングがツールのエースとなるわけ。ということは、Lopezはツールではエースではないことになるので、Lopezはジロでエースかな?となるね。

 

というわけで、きっちり役割分担が決められそうやね。そうすると、モビスターでのキンタナとランダ、チームSkyでのGとフルーム(かつてのフルームとランダ、フルームとウイギンス)のような内部での面倒がなくなる。

 

フグルサングは来年の過去最高傑作とも言えるツールのルート設定について、こう言うてる。

 

“In general, I think the parcours can fit me quite well.”

 

訳「まぁ大まかな感想やけど、来年のルート設定はかなりワシ向きやで」

 

また、石畳のコースも自分向きであるとも言うてる。なかなかノリノリなようやね。

 

2018年ツール・ド・フランスのコースは絶対おもろい!

 

おまけ:チーム公式写真の撮影風景。

 

(関連する過去記事とか、1つ前・後の記事は下のほうにあるで)

[google adsense]



[wiggle]



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

これも読め
SAMTIAS 真鍮シューホーン(携帯用靴ベラ)01
お気に入り
冬のロードバイクのインナー
JBL Pebbles
人間失格
ACTIVE WINNER U-LOCK