Loading...
ニュースパーツ・工具類

フランス当局が、モータードーピング疑惑で「かなり有名な選手たち」を捜査中!

ロードバイクのモーター疑惑の捜査

モータードーピング疑惑といえば、最近ファビアン・カンチェラーラに関する疑惑が、アメリカの元プロ選手の著書をきっかけとして再燃したばかり。あれからどうなってるのか続報はないけど。

 

一方、最近フランス当局がモーター疑惑で「かなり有名な選手たち」を調査中のもよう。一体何が?

 

情報源:‘Very notable riders’ reportedly under investigation for using motors in bikes

 

カンチェラーラのモータードーピング問題が再燃。キャノンデールの元プロ選手が自著において、カンチェラーラの疑惑を肯定し炎上中。

 

情報源記事によると、今回のネタはフランスの風刺新聞Le Canard Enchaînéが伝えてるもの。今回の捜査はもともとは脱税とかそういう経済的な不正疑惑についての捜査が先行してて、それに続く形での操作らしい。両者はどう関係してるのか?

 




 

 

同紙によると、Claire ThépautとSerge Tournaireという二人が捜査担当官として任命され、捜査を指揮しとる。

 

この二人は、

 

“links between international teams, private companies and cycling’s highest authorities”.

 

訳「海外チーム、プライベートカンパニー、そして最高レベルの著名人たちという3者間の関係」

 

について調べとるようや。

 

モーター

 

気になるのがカンチェラーラ個人なら、”riders”とか”authorities”とか複数形を使う必要がない。複数形を使うということは、何人もの選手たちが捜査対象やということやね。もちろんその中にカンチェラーラが含まれてる可能性もあるわけやけど。

 

プライベートカンパニーってのは、個人名義の資産保有会社のこと。なんやろね、乱暴にいえば副業用の会社みたいなもんやろかね。モーターの開発者がプライベートカンパニーを作って、そこにモーターを買った人間・チームからのお金が振り込まれる。ところが、だいたいプライベートカンパニーってのは節税、悪く言えば脱税に利用されたりするから、そういう税金関係の捜査を進めていったら、「あれ?これもしかして……」という展開になったんかもしれへんね。

 

情報源記事、そしてネタ元のLe Canard Enchaînéにはたいした詳細が何もないから、これ以上の内容はさっぱりわからんけど、まぁチームSky&フルームのことと言い、次から次へとワシらを楽しませてくれる業界やね(呆れ)。エキサイティン!ちょっとはサッカー業界を見習ってみ、業界の闇は全部うまいこともみけ(ry

 

ちなみに、UCIはこんな風に隠しモーターを調べるよ。

(関連する過去記事とか、1つ前・後の記事は下のほうにあるで)

[google adsense]



[wiggle]



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

これも読め
SAMTIAS 真鍮シューホーン(携帯用靴ベラ)01
お気に入り
冬のロードバイクのインナー
JBL Pebbles
人間失格
ACTIVE WINNER U-LOCK