Loading...
ニュースパーツ・工具類

来年、シマノのパワーメーターを使うプロチームはどこか?

シマノパワーメーターFC-R9100-P

今年シマノはワーメーター内蔵クランクFC-R9100-Pを販売開始。ついに日本の巨人シマノがパワーメーター市場へ本格的に参入したのはおまいらも知っての通りや。買った人、購入検討という人も多いやろう。ワシは金もないし、買えない。そもそも旧105使ってる時代遅れのジジイやしね。

 

さていよいよ来年、そのシマノパワーメーターがプロチームへ本格的に供給されることになるわけやけど、一体どのチームが使うのか?

 

情報源:Shimano power meters to dominate WorldTour peloton in 2018

 


 

 

(1) 2018年ワールドツアープロチームで、シマノのパワーメーターを使うチーム

 

①FDJ

 

まずFDJは今年からそもそもShimanoがスポンサーであり、パワーメーターの最終プロトタイプ版もテスト的に使ってた。これは過去に記事にした。

 

2017ツールでは、Shimano デュラエースパワーメーターFC-R9100-Pの最終プロトタイプ版をFDJとチームSunwebが使用中。

 

で、FDJについては来年もシマノがスポンサーであり、そのまま完成版のパワーメーターを使う予定。

 

 

 

②SunwebとSky

 

Sunwebについては上の過去記事見てもらえばわかるけど、FDJと同じくFC-R9100-Pの最終プロトタイプ版を今年テストしてた。一方でSunwebはパワーメーターについては日本のパイオニアがスポンサーしてた。同時に、シマノはコンポを提供。すなわちSunwebは日本企業がタッグを組んで機材供給してたわけ。ところが、過去記事のように今年シマノのパワーメーターをテストしてたということは、そう、来年への布石。

 

すなわち、パワーメーターはパイオニアからシマノへ変わる。ええんか、パイオニア……(´・ω・`)

 

次にいろいろ話題のチームSky。今年のチームSkyのパワーメーターはStages社のもの。ところがチームSkyのコンポはやはりシマノのデュラエース。ということは……?

 

そう、Sunwebと同じくパワーメーターがStagesからシマノへと変わる。Stagesは優良(?)顧客を奪われてしまったことになる(´・ω・`)

 

 

 

③ BMC Racing、Trek-Segafredo、Orica-Scott

 

昨今パワーメーターといえばドイツブランドSRM社のものがプロチームでも幅を利かせた。ブイブイ言わせてた。

 

そのSRMパワーメーターを使ってたのは今年は8チーム。ところが、そのうち3つのチームが来年にシマノへ乗り換える予定。その3チームが BMC Racing、Trek-Segafredo、Orica-Scott(来年はMichelton-Scott)。

 

で、この3つに共通するのは全てシマノのコンポを使っていること。この過去記事参照。

 

2017ツール・ド・フランスのプロチームが使うロードバイクバイク・コンポ・ホイールまとめ

 

 

 

(2) まとめ

 

というわけで、情報源記事によると現時点でシマノのパワーメーターを来年使うであろうチームは、

 

  1. FDJ
  2. Sunweb
  3. Team Sky
  4. BMC
  5. Trek
  6. Scott

 

の6チーム。共通してるのは全てシマノがコンポを提供しているチームだということ。

 

ただし、ワールドツアープロチームの中にはこれら6チーム以外にもシマノのコンポを使ってるチームがまだまだある。せやから今後の発表次第で、シマノのパワーメーターを使うチームは増えるかもしれへん。

 

(関連する過去記事とか、1つ前・後の記事は下のほうにあるで)

[google adsense]



[wiggle]



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

これも読め
SAMTIAS 真鍮シューホーン(携帯用靴ベラ)01
お気に入り
冬のロードバイクのインナー
JBL Pebbles
人間失格
ACTIVE WINNER U-LOCK