Loading...
ウェア・シューズ・バッグ・グッズ類ニュース

チームSkyとKASKがロードバイク用新エアロヘルメット「Utopia(ユートピア)」を発表。

ロードバイク用エアロヘルメットKASK Utopia

気づいてる人は気づいてるやろうけど、始まったばかりのツアー・ダウン・アンダーでチームSkyのメンツが被ってるのが、KASKが開発した新エアロヘルメット、Utopia(ユートピア)。

チームSky公式:KASK unveil new Utopia

 

まぁまず製品のPVどぞ。

 




 

 

KASKの新ヘルメットUtopiaの概要

 

KASK Utopia
Team Sky Twitterより

 

KASK公式:KASK PRESENT THE FASTEST EVER ROAD HELMET

 

ま、簡単にどんな特徴あるか書いていくで。

 

 

①時速50㎞で6ワット削減!

 

ロードバイク用エアロヘルメットKASK Utopia
Copyright © 2018 KASK s.p.a 上記公式サイトより

 

なんかいろいろ実験した結果、ライバル製品と比べて時速50㎞では6ワット有利になったというデータが採れたらしいで。時速50㎞ねぇ……ワシには関係ないな(白目)。

 

 

 

②エアロ性能だけでなく、静音性、冷却性能、安全性能もばっちり確保

 

ロードバイク用エアロヘルメットKASK UTOPIA
Copyright © 2018 KASK s.p.a 上記公式サイトより

 

エアロ性能を追求するヘルメットにありがちなのは、ベンチレーション用の穴をふさぐとか穴を減らすとかした結果、頭が熱くなりやすいという問題。このUtopiaはそのへんをうまいこと両立させて、エアロ性能も高めつつ、冷却性能もしっかりと確保してるもよう。

 

それゆえに、TT専用とかではなく、普通のロードレース、トレーニング、そしてロングライドなどにも使える多用途なロードバイクヘルメットになっとる。

 

またフィット調節機能では、Octo Fitとかいうシステムを採用し、より簡単にフィット感を高められるよう工夫されてる。

 

あと、高速で下りを走ってるときとか耳に空気音が入ってきて騒音となって煩く感じる経験はみんなあるやろうけど、このUtopiaは耳周りのデザインを工夫することで高速時での耳周辺の乱気流を調整して、やかましい空気音を抑える効果もあると書いてある。

 

これによって、いっしょに乗る仲間の声が聞こえやすくなるかもね。ちょっとした安全向上という効果もあるかもね。まぁ、気のせい程度かもしれんけどね。でもその場合、みんなこのUtopiaを使ってなければあんまり意味ないね。

 

 

 

③サイズと重量

 

サイズ展開は、

 

S – 50-56
M – 57-58
L – 59-62

 

となってるけど、あれ?Mサイズのカバー範囲やたら狭くない?なんやこれ?どういう設計なんや?

 

そして重量は、Mサイズで235g

 

なお、一般販売はもうちょっと時間経ってからね。

(関連する過去記事とか、1つ前・後の記事は下のほうにあるで)

[google adsense]



[wiggle]



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

これも読め
SAMTIAS 真鍮シューホーン(携帯用靴ベラ)01
お気に入り
冬のロードバイクのインナー
JBL Pebbles
人間失格
ACTIVE WINNER U-LOCK