Loading...
ニュース

カンチェラーラ「今のロードレースには未来のビジョンがない」

カンチェラーラ

4度の世界王者(TT)、2度の五輪金メダル、3度のパリ~ルーベ&フランドル制覇、ミラノ~サンレモ制覇、近代ツール・ド・フランスにおける総合優勝の未経験者によるマイヨジョーヌ最多直用日数記録など、数々の栄光を獲得してきたカンチェラーラ。

 

そんなカンチェラーラが、今のロードレース界に喝!

 

情報源:Cancellara: Cycling lacks a global vision, it’s a mess

 




 

 

(1)カンチェラーラ「今のロードレースには未来のビジョンがない」

 

カンチェラーラ
From Fabian Cancellara Twitter

 

これまで過去に記事にした通り、カンチェラーラは現在トライアスロン事業の展開や、自身の名を冠するロードレースイベントの開催などビジネスマンとしてキャリアをスタートし、ビジネスの経験を積み重ねている途中。そんなカンチェラーラが、ミラノで イタリア紙La Gazzetta dello Sportに対して語った言葉とは?

 

 

①ピーター・サガンのリーダーシップについて

 

カンチェラーラはこれまでプロトンのリーダーとしても君臨してきた。レースの最中にコースの安全性についてレース主催者側と交渉し当初のプランを変更させたり、プロトン内部の多様な意見を集約するリーダーとして動いてきた。

 

そんなカンチェラーラが引退したことでプロトンにはリーダーがいないということになる。しかし、実績でいうならばピーター・サガンがまさにプロトンのリーダーとして望まれるはず。しかし、そのサガンについてカンチェラーラはこう言う。

 

“With the results he has, Peter could be a leader of the peloton but it’s not his thing. He’s a rockstar, an individualist. If only there were more like him. The problems are elsewhere,”

 

訳「そら実績でいうなら、サガンはプロトンのリーダーになれるよ。でも彼はやらへんやろね。なんでかというたら、サガンはロックスターやねん。つまり個人主義者ってことよ。サガンと同レベルの人間がもっとおったらなぁと思うけど、まーしゃないわ。でも、本当の問題はサガンどうこうとは関係ない、別のとこにあるんや」

 

 

 

②現在のロードレースの問題点

 

カンチェラーラは今のロードレースの問題点をこう述べる。

 

“The foundations are the problem: the UCI, the big organisers, the teams and riders. There’s a lack of unity and a global vision for the future. It’s a bordello [a mess or, literally, a brothel – ed.] The politics of the sport don’t work and so everyone suffers. Everyone just thinks about what they can earn in the short term. Yet cycling, for the emotions it gives people, has enormous potential. Sadly that’s not used in the right way.”

 

訳「レースを構成しとる基本要素に問題があるんや。つまり、UCI、レース主催者、チーム、そして選手の4つの構成要素に問題があるんや。こいつらはそれぞれバラバラの考え方しとるし、未来へのビジョンがあらへん。そんなん売春と同じで、その時その場限りだけの関係でしかないんや。ロードレースの理念や思想ちゅーもんがうまく機能しとらへん。それでみんな苦労しとるんや。どいつもこいつも考えてるのは、短期間でどんだけ稼げるかということだけ。でもな、ロードレースってのは人々を熱狂させることができるんや。せやからものすごい可能性を秘めてるんや。でも悲しいことに、そんな魅力が正しい方向に使われとらへん」

 

つまり、みんなばみんな短期的利益ばかり追い求め、バラバラに動いてる状態で、業界全体での統一的に、みんなで協力しあって未来に向けて動こうという姿勢がないって考えてるわけやね。

 




 

 

(2)モータードーピング疑惑を再燃させたフィル・ゲイモンについて

 

カンチェラーラ
From Fabian Cancellara Twitter

 

さて、アメリカの元プロロードレーサー(ガーミンとかキャノンデールとかに所属してた)、フィル・ゲイモン(Phil Gaimon)が自著において、「カンチェラーラはあれ絶対、モータードーピングやっとるよ」と書いて、「fuc〇er」という言葉を使ってカンチェラーラを批判し、世界中で炎上しまくってたのは記憶に新しいところ。

 

これは過去記事でも何個か書いた。

 

カンチェラーラのモータードーピング問題が再燃。キャノンデールの元プロ選手が自著において、カンチェラーラの疑惑を肯定し炎上中。

カンチェラーラの疑惑について書いた元プロのフィル・ゲイモンがコメントを発表。「有名な噂をそのまま書いただけだからセーフ」

 

また、その後カンチェラーラ側の弁護士が「そっちがその気なら、こっちも本気でやるぞ」みたいなことを言うたり、カンチェラーラが自身のロードレースイベントにフィル・ゲイモンを招待し、「ほんなら、走りで白黒つけよか。お前がどれだけついてこれるか楽しみやのぉ」みたいなことを言ったりしてた。

 

カンチェラーラがフィル・ゲイモンをレース勝負へ招待。「そこまで言うなら実際に勝負しようや。俺に勝てるん?」みたいな。

 

ま、この誘いに対してフィル・ゲイモンはクッソ寒いアメリカンジョークで返答し、これまた世界中から「これ笑うとこ?」みたいな感想を無事獲得してたり。

 

しかし、まだフィル・ゲイモンからの参加表明はなし。せやから、今回また再び「参加してなー」と改めてご招待。それと同時に、フィル・ゲイモンに対して今回カンチェラーラはこう言う。

 

“He wanted to sell his book and he chose the best month to do it,”

 

訳「ま、自分の本を売りたかったんやろね。その宣伝に最高の時期を選んでうまいこと炎上商法を実行したと思うで」

 

 

 

(3)おまけ:今現在のブログデザインについて

 

ブログのデザインをいろいろ変えていじってたら、これまでのデザインに戻らんようになった(´・ω・`)

 

せやから、このシンプルデザインで当分しのぐことにするわ。すまんな(´・ω・`)

 

ま、シンプルイズベストってのは確かやし、こっちのほうがスマホでも見やすいと思うから、お客さんにとってはエエことやと思う。

 


(関連する過去記事とか、1つ前・後の記事は下のほうにあるで)

[google adsense]



[wiggle]



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

これも読め
SAMTIAS 真鍮シューホーン(携帯用靴ベラ)01
お気に入り
冬のロードバイクのインナー
JBL Pebbles
人間失格
ACTIVE WINNER U-LOCK